1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. その他

【コラム】どこの国の検察にも「闇」が創設された! 韓国

Global News Asia / 2021年10月22日 6時0分

韓国のイメージ

 2021年10月、韓国検察は、「大庄洞開発優遇疑惑」の重要人物を逮捕した。逮捕されるということは、居住場所も、事前に家宅捜索されたと言うことだ。これは、9月末に行われたが、とても不思議な捜索が行われた。

 重要人物は、オフィス兼住宅に居住していた。ここは、家宅捜査の1週間ほど前に契約したての場所である。おそらく家宅捜査を見越して、証拠になる物は持ち込んではいないはずだ。日本の検察ならば、関係各所に同じ時間に出向いて捜査するが、韓国ではそうではないのだろうか。あるいは、この人物だけ特別なのだろうか。

 一応ピンポンはするが、速やかに開けなかった場合は、強制的に鍵を開ける。そして、その時間を確認する~携帯電話を通して関係各所同時だ。これが通例だ。

 だが、重要人物が出てくるまで、強制的に開けることはなかった。その間に、重要人物は携帯電話を外に捨てた。戸が開いた。通常なら捜査官全員が入るのだが、これに関しては、検事一人が入室して2~3時間談話してからの捜査になったそう。

 捨てられたとされる携帯電話は、やはり1週間前に契約されたもの。電話番号は引継ぎができるが、機種さえ新しいものにすれば、それ以前の情報などを取り込まないことだってできる。疑惑発覚まで使っていた電話機やパソコンが重要なのだ。どこかの国の女性議員のように秘書がドリルで破壊してしまって、データが引き継げなかったのかもしれない。

 その部屋には窓が二つあり、一つから捨てると道路に落ちる。しかし防犯カメラには映っていなかった。もう一つの窓からだとその建物の5階のテラスに落ちる構造だ。テラスには、5階の当該の部屋を通過しないと入れないシステムだ。その部屋は調べられなかった。

 携帯電話は何者かに密かに拾われ、ソウル市内で最後の電波が確認された後、消息不明だ。1週間ほどしか使っていなくても、重要なデータがあったのか。ダミーなのか。

 その電話の直近の電話は、提出対象になっていないという。ドリル破壊しなくても大丈夫ということか。一応中古業者に売ったと言うことになっている。初期化されても、データ分析は可能なのだが。

 検事との2~3時間の談話にしても、携帯電話の所在にしても、前住所を含む関係各所を操作しない。ずるいと言うより「闇」という捜査案件が新設されたようだ。重要人物が口を割ったら、韓国政府自体が崩壊するような、なにかがそこにありそうだ。「闇」はそんな時に使われる。
【編集 : fa】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング