相棒感満点なエイジドフルメタルG-SHOCK誕生!

&GP / 2019年5月22日 6時30分

写真

相棒感満点なエイジドフルメタルG-SHOCK誕生!

今やさまざまなデザインが展開されているカシオの定番G-SHOCK。とはいえやっぱり初代のスクエア型はカッコいいですよね! この度、スクエア型のフルメタル仕様モデル「GMW-B5000D」をベースに、エイジド加工を施した「GMW-B5000V」(11万円/税別)が発売されることになりました。

2018年に発売された「GMW-B5000D」は、初代G-SHOCKのデザインで外装素材をすべてステンレスにしたハードなモデルで人気を博しました。今回発売される「GMW-B5000V」は、「GMW-B5000D」をベースに、長年使い込んだような独特の色合いを再現したスペシャルモデルです。

ケースやバンドの表面にブラックIP処理を施し、一部をあえて剥がすという手の込んだ作りで、時を超えて生き続けるタフネススピリットを表現しています。ガンメタリックのステンレスに施されたエイジド加工は存在感と味のある風合いに仕上がっています。

▲高輝度なLEDバックライト

デザインは使い込まれたように見えても機能面は実用的。「GMW-B5000D」と同様Bluetooth通信機能や標準電波受信機能の他、高輝度フルオートLEDバックライトやワールドタイムなども搭載しています。

本体をモチーフにしたカラーリングの専用パッケージもついた「GMW-B5000V」は6月7日発売です。

▲専用パッケージ

無骨なオトコらしさ満点の「GMW-B5000V」は、クールな存在感を演出してくれること間違いナシです。

>> G-SHOCK

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング