フライパンがこびり付く原因は表面の見えないデコボコ!

&GP / 2020年2月2日 20時0分

写真

フライパンがこびり付く原因は表面の見えないデコボコ!

目玉焼きにハンバーグ、時には豪快に肉を焼いたり…自炊にフライパンはつきもの。とはいえ、コーティングのフライパンって長く使っていると、なんだかこびり付いてきれいに焼けないな…って感じること、ありますよね。そろそろ買い替え時かも…と感じている人、ちょっと待って!

そのフライパン、手放す前に専用クリーナーで磨いてみませんか? 見違えるように綺麗になるかもしれませんよ。

コーティングフライパンのこびり付きの原因のひとつに、洗い残しによる汚れが挙げられます。綺麗に洗っているつもりでも、実はわずかな油膜や汚れが残ったままだったりすることがほとんど。こうした汚れを残したまま調理を繰り返していると、フライパンの表面がデコボコになって、こびり付きが発生してしまうのです。

そんな状態になってしまったら、ぜひ試してほしいのが、コーティングフライパン専用クリーナー「Final Refresh(ファイナルリフレッシュ)」(990円)です。油膜や汚れを落とし、コーティング表面を滑らかにすることで、こびり付きを改善します。

使い方はとてもカンタン。
(1)台所用中性洗剤でフライパンを良く洗う(この時、お湯で洗うと汚れが落ちやすくなります)
(2)湿らせた柔らかい布(マイクロファイバー等)やスポンジに「Final Refresh」を少量付けて、コーティング全体をなでる様に磨く。
(3)磨き終えたら、きれいに洗い流す。
(4)水を弾く状態になったらクリーニング完了。
(5)十分乾燥させた後、洗い残しがないことを確認する。

こびり付くようになったフライパンは、水滴をはじきませんが、きれいになったフライパンは水をよく弾きます。この状態になったら、また気持ちよく使えます。今すぐ、家のフライパンを洗った後に確認してみては。もし、水を気持ちよく弾かなかったら「Final Refresh」のクリーニングを、ぜひお試しください。

>> ユーロキッチン

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング