自転車に乗ってても大事なものは片手で取り出したい!

&GP / 2021年1月14日 6時30分

写真

自転車に乗ってても大事なものは片手で取り出したい!

最近は運動不足解消や満員電車を避けての快適な通勤のため、自転車を利用する人が増えているようですね。そんなサイクリスト生活をより便利にするため、自転車と親和性の高いこんなボディバッグはいかがでしょうか。

クラウドファンディング・Kibidangoに登場したのは、胸の位置にピタッと装着するミニマルなボディバッグ「CHESPOCK(チェスポック)」(9980円〜 1月13日現在)。バックパックのように一度背中から降ろすことなく、片手でだって荷物を取り出せますよ。

バッグのサイズは幅20×奥行き8×高さ10cmというミニマルサイズ。スマホにお財布、キーケースなどといった、必需品かつ頻繁に取り出すアイテムをコンパクトに持ち出せるよう最適に設計されています。

ストラップは“サムスライダー”と名付けられた簡単に長さ調節ができる機構を搭載。装着する際はピタッとボディに密着させることで、自転車の走行時にも安定します。バッグを降ろす際にはループ部に親指をひっかけて引っ張るだけでカンタンにゆるめられます。ストラップ幅も38mmと大きめで、背負った際の負担を軽減してくれます。

メインの収納には財布やキーケースなどを、十分なマチによりモノ同士が干渉せずにスッキリと収納できます。コンパクトなカメラも入るのでカメラバッグとして自転車での写真散歩にも応用可能。スマホの専用ポケットが設けられ、iPhoneの最大サイズである6.7インチモデルまで収納可能。ファスナーはL字に開口するので、入れやすく取り出しやすい作りになっています。

パスポートや通帳が入るポケットや、ペンを入れておけるポケットも用意され、小物を分別して持ち運べます。

生地の人工皮革クラリーノは、質感が良いだけでなく、耐水性も高い素材。さらにメイン収納には止水ファスナーを採用しているので、突然の雨に振られても大切な荷物を守ってくれます。

胸の前に装着するスタイルは、自転車乗車中の姿勢と相性がいいだけでなく、メインのバックパックに加えてのサブバッグとしても取り入れやすく機能的。もちろん背面側に背負うことも可能です。

自転車のお供に限らず、トラベルバック、近所へのおでかけバッグとしても優秀ですよ。

>> Kibidango

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ザ・ノース・フェイスのコラボレーベルでちょうどいい大人のランバーパックを発見! 
◆持ち歩ける“ポケット”があれば、サコッシュも必要ないかも!? 
◆ダウンの時にちょうどイイ!BRIEFINGのミリタリーなボディバッグ 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング