昭和レトロな街角が郷愁を誘う『ノスタルジックデート』6スポット

IGNITE / 2014年9月14日 8時32分

写真

秋の街は夏の喧騒を忘れ、だんだんと郷愁が漂ってくる。
そんな季節にピッタリなデートスポットは、「昭和レトロ」な街角。
昭和を知らない世代には新鮮に映り、昭和を生きてきた世代であれば、グッと懐かしさがこみ上げてきてしまう。

そんな風景が楽しめる『ノスタルジックデート』にぴったりな6スポットをご紹介しよう。

●デックスTOKYOビーチ「お台場一丁目商店街」
昭和30年代の商店街をイメージしたテーマパーク「お台場1丁目商店街」は、若手芸人の漫才や紙芝居のおじさんがやってくる昭和レトロイベントなどが盛りだくさん。駄菓子やレトログッズの他に、懐かしいゲーム機や車などもある。「台場怪奇学校」というお化け屋敷などもあり、とにかく懐かしくてシビレてしまうだろう。
住所:東京都港区台場1-6-1
TEL:03-3599-6500
営業時間:11:00~21:00

●ナムコ・ナンジャタウン「福袋七丁目商店街」
ナムコナンジャタウン内にある「福袋七丁目商店街」は昭和30年代の懐かしい街並みが広がり、「ナンジャ餃子スタジアム」や「福袋デザート横丁」にて、人気の餃子や話題のスイーツを味わうことができる。施設内にはユニークな仕掛けがしてあり、タイムスリップしてきたようなセットを背景に写真を撮ることができる。
住所:東京都豊島区東池袋3丁目 サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル2階
TEL:03-5950-0765(受付時間:9時30分~18時)
営業時間:10:00~22:00

●江戸東京たてもの園
園内には江戸時代から昭和初期までの、文化的価値の高い歴史的建造物が30棟建ち並んでいる。特に東ゾーンにある商店や銭湯などが移築されたエリアは必見。
住所:東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
TEL:042-388-3300
営業時間:4月~9月:午前9時30分~午後5時30分 10月~3月:午前9時30分~午後4時30分

●ハモニカ横丁
吉祥寺駅北口に駅前にある「ハモニカ横丁」は、第二次世界大戦後の1940年代後期、荒廃した吉祥寺駅前にできた闇市から始まり、現在では100軒近くもの店舗が並んでいる。赤いちょうちんや焼き鳥が焼ける煙など混沌とした雰囲気にノスタルジーを感じてしまう。
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1 ※吉祥寺北口駅前商店連合会
TEL:0422-22-6646
営業時間:各店舗による

●昭和レトロ商品博物館
「昭和レトロ」という言葉の発祥地である青梅は、ココが東京と言うことを忘れてしまうほどのレトロスポット。ノスタルジーに浸るなら、姉妹館である青梅赤塚不二夫会館・昭和幻灯館の3館とも巡りたい。
住所:東京都青梅市住江町65
TEL:0438-20-0234
営業時間:10:00~17:00

●青梅鉄道公園
青梅鉄道公園は実物の鉄道車両を中心に保存展示公開しているユニークな公園。猫の駅長がいることで知られているが、見回りが忙しく不在の時もある。運が良ければ居眠りをしてサボっている姿を見ることができる。
住所:東京都青梅市勝沼2-155番地
TEL: 0428-22-4678 
営業時間:3月~10月 10時~17時30分(入園は17時まで) 11月~2月 10時~16時30分(入園は16時まで)

The post 昭和レトロな街角が郷愁を誘う『ノスタルジックデート』6スポット appeared first on IGNITE(イグナイト).

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング