大胆なコントラストで心掴む!黒と白のスマート『EVモデル』

IGNITE / 2014年8月11日 17時30分

写真

メルセデス・ベンツ日本は、マイクロコンパクトカーであるスマートのEVモデル「smart fortwo electric drive」に限定車「smart fortwo electric drive edition black & white」を設定した。
スマートEVモデルは、ゼロ・エミッションでありながら最高出力 55kW、最大トルク 130Nmを発生する電気モーターを搭載し、最高速度 120km/h以上を達成。電気モーターは十分な動力性能を備えており、スタート直後から最大トルクを発生させる力強い加速の走りが楽しめる。また内蔵されているリチウムイオンバッテリーの容量は 17.6kWhと非常に高効率なもので、フル充電で 181km(JC08モード走行)の航続距離を実現。充電時間は0%の状態から 100%までを200Vコンセントで行った場合、フル充電で約 8 時間。例えば、夜に充電を開始すれば、翌朝の使用可能だ。スマートならでは小さいボディの街中の使い勝手の良さはそのままに、ラゲッジルームもEVだからといい減少させることないパッケージングとなっており、ガソリンモデルと同様に340Lの容量を確保している点も注目だ。
今回、投入された特別仕様車である「smart fortwo electric drive edition black & white」は、スマートEVモデルをベースに、ボディとトリディオンセーフティセルをブラックとホワイトそれぞれ同色で統一することで、シンプルかつモダンなスタイリングに仕上げたものだ。
インテリアは外装とのコントラストが映えるように、鮮やかなデザインレッドを採用しているのがポイント。さらにウインカー、ワイパーブレードレバーエンドキャップやメーターカウルなどにレッドのアクセントパーツを配し、よりビビッドなものとなっている。

限定数は、ホワイトとブラック仕様のそれぞれ40台ずつを設定、価格は¥3,020,000だ。

The post 大胆なコントラストで心掴む!黒と白のスマート『EVモデル』 appeared first on IGNITE(イグナイト).

IGNITE

トピックスRSS

ランキング