有田焼を腕に纏う・・・国産腕時計ブランド「SPQR」から限定50本で「SPQR arita」が登場

IGNITE / 2015年7月11日 21時9分

写真

日本をテーマにあらゆるジャンルの逸品を取り扱う「藤巻百貨店」は元伊勢丹の名物バイヤーとして知られていた故・藤巻幸大によるプロデュースで立ち上がった通販サイトだ。

選りすぐりのバッグ、財布、革小物、時計、ストール、レインシューズ、iPhoneケース、アクセサリー、グラス、ビールなどを販売。丁寧に仕上げられた商品ひとつひとつを、それぞれが持つ“モノ語り”と共に紹介している。

今回登場したのは、オリジナルモデルの新作「腕時計」(限定50本)。

手掛けるのは、“信州諏訪”の国産腕時計ブランド「SPQR(スポール)」だ。国内外の伝統技術とコラボした「japan」シリーズの代表作である、有田焼の白磁を文字盤と竜頭に搭載した「SPQR arita」は、藤原和博氏プロデュースによるアイテムだ。

トレンドの青色が、伝統技術と出会うことで上品な逸品に仕上がっている。

■東洋のスイス「諏訪」から発信する国産腕時計「SPQR」

“Superiore Precisione Qualita Riservato”=「卓越した精緻さと品質を約束する」、というイタリア語が由来のブランド名通り、こだわりに溢れた上質な国産腕時計を生み出し続ける「SPQR(スポール)」。

諏訪精工舎(現セイコーエプソン)で幾多の商品企画に携わった清水新六氏が、2002年、東洋のスイス と呼ばれる信州諏訪の地に「時計企画室コスタンテ」を設立し立ち上げたブランドだ。

今や時計コレクターの中では知る人ぞ知る存在となったこの国産時計ブランドが設立から掲げる指針は、“流行に左右されないこと”。

あえて“時代に乗り遅れる”ことで普遍性を意識し、年を経るごとに愛着の沸くデザインを追求してきた。国内での小ロット生産にこだわり、隅々にまで情熱を注ぎ込む丁寧なものづくりの姿勢を貫いている。

■藤原和博氏監修。各界のプロが集い、実現した有田焼との融合

「SPQR」の製品の中に、国内外の伝統的な素材や技術を取り入れたモデルがある。藤原和博氏がプロデュースする「japan」プロジェクトもその一つ。有田焼の白磁を文字盤と竜頭に搭載した「SPQR arita」はその象徴する例と言えよう。

「世界中のフォーマルな場で映える、風格と気品ある純国産の腕時計を作ろうと思ったとき、文字盤にはひと目で日本の風情を感じられる「有田焼」しかないと思ったんです」と藤原氏。そんな氏の想いの元、テクニカルディレクターに清水新六氏、デザイナーにはジュネーブ・ウォッチデザインコンテストでグランプリを獲得した岡谷哲男氏、技師には信州の名工・高田一郎氏と錚々たるメンバーが集結。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング