見れたらラッキー! 幸せの黄色い「カングー」が150台限定で発売へ

IGNITE / 2015年9月3日 5時6分

写真

ルノー・ジャポンは8月26日、「幸せ」を届ける黄色いカングーを限定150台で発売した。

カングーには以前からイエローのボディ色も設定されているが、今回のイエローはちょっと特別だ。


カングーといえば、キュートな見た目や高い機能性が自慢のマルチパーパスビークル。レジャーを楽しむファミリーから、お花屋さんや建築関連といったビジネスユースまで、オシャレなライフスタイルのパートナーとして根強い人気を保っている。


今回の限定車「カングー ラ・ポスト」は、フランスで愛されている郵便車と同じ、「ジョン ラ・ポスト」(※上記写真)と呼ばれる特別なイエローをまとっている。

フランス現地では、「”幸せの“黄色い郵便車」とも呼ばれており、このイエローが、彼の地の郵便車以外で使われたのは世界で初めてのことだという。

既存のイエロー「ジョン アグリュム」(※下記写真)と比べてみると、その鮮やかな色彩がより際立って見える。写真で見るよりも、実車はさらにビビットだろう。


特別なイエロー以外の専用装備は、シルバー&ブラックフロントバンパー、シルバードアミラー、プライバシーガラス、可倒式助手席などが採用されている。価格は241万5,000円。

なお、この限定車に合わせて制作された「ルノー・オリジナル切手」が、9月5日(土)、6日(日)にルノー正規販売店で商談・査定をした方にプレゼントされる。また、9月7日(月)からは「ルノー・ジャポン ウェブショップ」でも販売される。

「想いを届ける」をコンセプトに、幸せのイエローをまとった「カングー ラ・ポスト」。街で見かけた日は、いつもよりちょっとラッキーで幸せな1日になるかもしれない。

(zlatan)

写真:ルノー・ジャポン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング