しっとりエモい世界観に浸れちゃう♡雨が降った時にしか遊べないゲームアプリ「あめのふるほし」

ISUTA(イスタ) / 2020年7月31日 21時0分

今年は梅雨が長く、雨の日が多いですよね。


そんな今にぴったり!雨が降っている時にしか遊ぶことができない、ゲームアプリ「あめのふるほし」をご紹介します。


雨の時だけ動くことができる機械がメッセージを集めながら進む、ちょっぴりエモい世界観のゲームを雨音を聞きながらのんびりプレイしてみませんか?


雨の時だけ遊べるゲームアプリ




「あめのふるほし」のゲームストーリーは、人類が滅びた惑星で雨の日だけ動くことができる機械が、他の機械の残骸からメッセージを集めていくというシンプルなもの。


なんとこのゲーム、自分がいる場所で本当に雨が降っていないと遊ぶことができないんです!





ゲームが始まると、機械が登場し自動でゆっくりと歩きはじめます。


切ない雰囲気もしますが、雨の日にはなんだかしっくりきちゃいますよ♩





歩いていると、過去にプレイしたユーザーの機械の残骸と出会い…





残骸をタップすることで、“遺言”とよばれるメッセージを拾うことでき、メッセージを読み終えると、また機械は前へ歩み出しますよ♩





ちなみに雨が降っていないとゲーム画面にスモッグがあらわれ、機械はストップしたままでゲームを進めることはできません。


壊れたらメッセージを残そう




とってもスローな機械の動きに愛おしい感情も湧いてくるのですが、ある一定数歩いていると自分の機械も壊れてしまい、メッセージを残す番になってしまいます…。





今まで拾ってきたメッセージと共に、自分が作成したメッセージも機械の残骸と一緒にゲーム内に残り、次のユーザーへとメッセージが受け継がれて行きます。


お出かけも億劫になりがちな雨の日に、ぜひダウンロードして遊んでみてくださいね♩

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング