絵師さん御用達のペンタブレット「raytrektab -レイトレックタブ-」に10インチモデルが登場

ITライフハック / 2018年12月14日 9時0分

写真


サードウェーブは、2018年12月25日(火)より、大ヒットの筆圧感知ペン付き“お絵かきタブレット”「raytrektab レイトレックタブ」の10インチモデルを発売する。価格は7万9,800(税込)。

■絵師さんたちに大好評だった8インチモデル
2017年4月に発売した“お絵かきタブレット”「raytrektab(8インチモデル)」は、手軽に持ち運べるサイズにもかかわらず、「Wacom feel IT technologies」対応液晶パネルと、4096階調の筆圧感知ペン採用し、まるで紙に書いているかのような滑らかな描き心地を実現した。さらに、OSにWindows10を搭載することで、普段のお絵かき環境をそのまま移行できるうえ、発売当時5万円未満というお手ごろ価格により、絵師さんたちから圧倒的な支持を得る製品となったとのこと。

そしてこの度、かねてより多くの要望があった画面の大型化と、大幅なスペックアップを果たした10インチサイズの「raytrektab(10インチモデル)」を販売開始する。まるで本物の紙のような描き心地はそのままに、画面を大型化。その上で、外での持ち運びに困らないサイズ・重量を維持しました。また、CPUやメモリ、ストレージも旧型からスペックアップしている。今まで以上に快適で便利なお絵かき環境を実現した。

新型レイトレックタブは、発売日に先んじてドスパラの一部店舗および、DNPプラザ地下1階東京アニメセンター内「Funs Projectブース」にて製品の展示・タッチアンドトライを予定している。開始はSNSなどで告知される。

■「raytrektab(10インチモデル)」製品概要
OS・・・・Windows 10 Home
CPU・・・・インテル Celeron N4100 プロセッサー(クアッドコア / 定格1.10GHz / キャッシュ 4MB)
液晶・・・・10 インチ 1920×1200 WUXGA 液晶
デジタイザ・・・・Wacom feel IT technologies デジタイザ 4096 階調
GPU・・・・インテル UHD グラフィックス 600 (CPU 内蔵)
メモリ・・・・8GB LPDDR4
SSD・・・・128GB
microSD・・・・microSDXC 128GB まで対応
入出力・・・・USB Type-C×1 (給電兼用)、 マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子 ×1
無線 LAN・・・・IEEE802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth・・・・Bluetooth 5.0
サイズ・・・・重量 W245 × H176 × D9mm / 本体 約657g, ペン 約5g
バッテリー・・・・リチウムイオン
付属品・・・・ACアダプター / 筆圧感知機能付きペン / 手書き風液晶保護フィルム / CLIP STUDIO PAINT DEBUT (シリアルコード同封)

■raytrektab(10インチモデル)

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■モバイルに関連した記事を読む
・吸盤でスマホを吸着!Qi対応の「ワイヤレス充電モバイルバッテリー『ピタッQiバッテリー』」
・スイスから世界最小の充電用USBケーブル「inCharge Universal」が日本上陸
・スマートウォッチってどんなイメージ? マクロミルが「時計」をテーマにした意識調査(マクロミル調べ)
・米クラウドファンディングで大絶賛!あらゆる場所に吸い付くスマホマウント
・スマホの縦置き・横置きに両対応した(Qi対応)ワイヤレス充電スタンド


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング