インテルが“Broadwell”の第5世代Coreプロセッサー・ファミリーを発表

ITライフハック / 2015年1月6日 17時0分

写真

インテル株式会社は、インテル最新の14nm(ナノ・メートル)プロセス技術を採用する第5世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーを発表した。第5世代インテルCoreプロセッサー・ファミリー(開発コード名=Broadwell、ブロードウェル)はインテルの14nmプロセス技術の採用によって、前世代と比較しトランジスター数が35%増加、同時にダイサイズを37%縮小している。

14nmプロセス技術によって、第5世代インテルCoreプロセッサー・ファミリー(以下、第5世代インテルCoreプロセッサー)はアーキテクチャーが強化されただけでなく、グラフィックス性能が従来と比べ最大24%向上し、また動画変換を最大50%高速化しているのもポイントだ。さらに電源管理や設計面での強化によりバッテリ-駆動時間が従来と比べ最大1.5時間延長している。

第5世代インテルCoreプロセッサーは、インテルHDグラフィックスを搭載し、TDP(熱設計電力)が15Wの10モデルと、インテルIrisグラフィックスを搭載しTDPが28Wの4モデルの合計14モデルで提供される。

今回強化されたインテルHDグラフィックスは、美しい動画再生能力だけでなく、インテルワイヤレス・ディスプレイ(インテルWiDi)5.1を含む4K Ultraディスプレイに対応する。また、インテルRealSense 3Dテクノロジーと組み合わせることで、パスワードを使用せず、音声認識機能を用いてログインしたり、腕によるジェスチャーで操作するなど、より自然でインタラクティブなユーザー体験を実現する。

第5世代インテルCoreプロセッサーは、従来型のクラムシェルノートブックPC、2 in 1のデタッチャブルノート、Ultrabook、Chromebook、オールインワン・デスクトップPCやミニPCなどの、様々なクライアント・フォームファクターや市場の拡大が進むInternet of Things(IoT)分野などへ向け出荷される。

第5世代インテルCoreプロセッサーを搭載したシステムは、様々なメーカーから、今月より新製品が発表される予定となっている。インテルはまた、第5世代インテルCoreプロセッサーと同じ14nmプロセス技術を採用したインテルPentiumとインテルCeleronプロセッサーの提供も開始する。本日発表の新製品の詳細は以下、

Broadwell

■第5世代インテルCoreプロセッサー・ファミリー
■インテル

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■PCパーツの記事をもっと見る
・AMDのRadeon R9 290、290Xを水冷仕様にできるCORSAIR製GPUクーリングブラケット
・ファンレス無音動作で超コンパクトな人気の「LIVA」シリーズにメモリー4GBモデル登場
・手軽に装着できるThermaltake製の簡易水冷クーラー「Water 3.0 Performer C」
・ノイズゼロ、振動ゼロを実現! NOFAN製ファンレス設計のATX電源ユニット「P-500A」
・Bluetooth(無線)と有線で使用可能なゲーミングヘッドセットTt eSPORTS「SYBARIS」

ITライフハック

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング