シンプルな囲みネイルのデザインバリエーション

Itnail / 2017年9月15日 13時0分

シンプルな囲みネイルのデザインバリエーション

爪の周りにぐるっと一周アートを施した、囲みネイル。セルフネイルではもちろん、ネイルサロンの施術においても使われることの多いデザインですが、ひとくちに囲みネイルと言っても、そのデザインにはいくつかのバリエーションがあります。今回は、囲みネイルのバリエーションをチェックしてみましょう!

囲みネイルと言えばこれ!?ラメを使ったデザイン

ネイルUP!

ネイルUP!

via itnail.jp
まずは、囲みネイルの定番とも言える、ラメを使ったデザインのご紹介です。これは、爪の周りにゴールドラメやシルバーラメをONしているもので、指を動かすたびにラメの部分がキラキラ輝いて、ネイル全体に程よく華を添えてくれます。

ラメの中ですが、ベースカラーのみでもいいですし、ドライフラワーを埋め込んだり、イニシャルを描いたりしてもいいでしょう。これからの季節は、ベースにクリアカラーを使って涼しげな雰囲気に仕上げるのもおすすめです。
NcistEgo (高知)

NcistEgo (高知)

via itnail.jp

シンプル派のあなたにおすすめ!フラットな囲みネイル

H&S

H&S

via itnail.jp
次にご紹介するのは、ラメやストーン類を一切使わずフラットに仕上げた囲みネイルです。アートに使ったものと同じカラーを使ってシンプルに仕上げるのも良いですし、全く違うカラーを使ってもいいでしょう。
ベースカラーとトーン差のあるカラー、例えば、グレー×ブラック、ピンク×ネイビー、ホワイト×アビス、といった組み合わせにすると、アート全体が引き締まり、より洗練された仕上がりを楽しめます。

カラージェルやマニキュアを使い、セルフで囲みアートをする場合、ラインが曲がってしまったり、幅が均一にならなかったりすることがあります。そういったときはアセトンを染み込ませたコットンをウッドスティックの先につけ、微修正することで綺麗に仕上げられます。
H&S

H&S

via itnail.jp

華やか♡ストーンやスタッズを使ったデザイン

H&S

H&S

via itnail.jp
特別なお出かけ、パーティー、ブライダルといった華やかなシーンで使うネイルには、ストーンやスタッズを使った囲みネイルをおすすめします。

爪の周りにのせるストーン類に存在感があるため、ただシンプルにカラーリングしただけでも華やかな仕上がりになりますが、レース柄やドット柄といったアートをプラスすれば華やかさがさらにUPします。
ストーン類を使った囲みネイルはラメを使ったデザインやフラットなデザインに比べて存在感が大きいため、派手な印象を与えたくない場合はどこか1本だけを囲みネイルにするといいでしょう。



Itnail編集部

イットネイル

トピックスRSS

ランキング