1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

高まる中国軍の脅威 サイバー・宇宙・海中 ハリス太平洋統合軍司令官証言 その3

Japan In-depth / 2018年4月2日 12時33分

 

写真)ジブチで実弾発射の演習を行う中国軍

出典)China Military

 

中国は2017年にジブチに基地を開設した際、その基地は単に物資輸送などの兵站の拠点だと言明していた。ところが開設の数ヶ月後には、中国海軍の海兵部隊が同基地を拠点に戦闘用の武装装甲車や火砲を使っての実弾発射の演習を数回も実施した。この事実は同基地が兵站用だけではなく、遠征軍の前方配備の軍事基地であることを証明した。

 

【中国の不動産取得】

 中国側がアメリカ国内やインド太平洋地域の他の諸国内で外国投資の名目の下に土地や建物など不動産の購入を増やしてきたことも安全保障上の懸念を生んでいる。最近ではこの種の中国による不動産取得はアメリカや同盟諸国側の軍事基地の周辺に集中する傾向がある。その結果、アメリカの国家安全保障の目的や同盟諸国の安保上の利益が侵食される恐れがあるのだ。

アメリカでは最近、「外国投資危険調査近代化法」という法律が新たにできて、従来の連邦政府各関係省庁の代表で組織される「アメリカでの外国投資委員会」(CFIUS)での調査と合わせて、中国関係組織による投資の安全保障上の意味の精査が強化されることになった。この精査作業を軍事的な観点からも全面的に支持したい。中国の外国投資は単に経済的な観点だけからではなく、安全保障をも含めての実態を正しく認識し、中国側の全体としての意図を理解しておかねばならないからだ。

 

【海中戦力】

 中国軍は潜水艦を主体とする海中戦闘能力を大幅に強化している。とくに攻撃型潜水艦は攻撃面での破壊力と戦闘面での生存能力を高めている。スクリュー音の少ないハイテク導入のディーゼル推進型と原子力推進型の両方の潜水艦が建造されている。最近では晋級とされる弾道ミサイル搭載原子力潜水艦(SSBM)4隻が新配備された。晋級の原潜の戦略的な能力は大きく、米軍としても新たな抑止措置が必要になる。

写真)晋級の弾道ミサイル搭載原子力潜水艦(タイプ094)

出典)United States Naval Institute News Blog

 

【サイバー攻撃】

 サイバー空間はいまの世界がインターネットへの依存を高めるにつれ、急速に重要となった。各国家のパワーや安全保障はサイバー空間での安全な作業の能力に大きく左右されるようになった。全世界でいま最も能力の高いサイバー国家は中国とロシアである。とくに中国はそのサイバー攻撃の主対象がアメリカとなり、脅威を増している。

中国はサイバーを戦争遂行ドクトリンにしっかりと組み込み、戦闘能力の一環として使うのだ。現実に中国はサイバーを軍事面で超重視するからこそ「戦闘支援部隊」を創設し、そのなかにサイバー作戦を導入し、他の軍事作戦と一体化したのである。

 

【宇宙兵器】

 中国は宇宙での兵器の開発をも続けている。その内容は広範かつ堅固である。実例としては直接上昇の人工衛星破壊ミサイル、軌道利用の人工衛星破壊システム、サイバー利用の宇宙兵器、直接エネルギー兵器、地上配備の宇宙作戦妨害のシステムなどである。いずれも有事の際にアメリカの宇宙関連の軍事活動に重大な妨害を加えうる。

 

トップ画像:ハリー・ハリス司令官 出典 U.S. Pacific Fleet

 

(その4につづく)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング