ロイター記者2人を起訴、ミャンマー報道の自由いずこ

Japan In-depth / 2018年7月12日 19時1分

ロイター記者2人を起訴、ミャンマー報道の自由いずこ


大塚智彦(Pan Asia News 記者)


「大塚智彦の東南アジア万華鏡」


【まとめ】


・ミャンマー、ロヒンギャ族虐殺事件を取材した記者2名を起訴。


・司法は公正に機能することなく警察の不祥事発覚を無視。


・スーチー氏政治力発揮せず。ミャンマー民主化、報道の自由依然未熟。


 


【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=40972でお読み下さい。】


 


ミャンマーの最大都市ヤンゴンのインセイン郡区裁判所は7月9日、国家機密情報違反容疑で身柄を拘束、約半年に渡って予備審理を続けてきたミャンマー人のロイター通信記者2人を同容疑で正式に起訴し、公判を開始することを決めた。2人は即日起訴された。


最高刑で禁固14年もありうる同容疑で起訴されたのはワ・ロン記者(32)とチョー・ソウ・ウー記者(28)でロイター通信の記者として西部ラカイン州の少数イスラム教徒ロヒンギャ族の問題を担当。2017年からミャンマー国軍によるロヒンギャ族虐殺事件などの人権侵害を詳しく取材していた。


ロイター通信や2記者は当初から「正当な記者活動であり、機密書類所持は警察による完全なでっちあげである」と強く抗議、無実を主張していた。裁判所は同容疑での起訴が妥当かどうかを判断するため参考人による証言などの予備審理を逮捕後から進めてきた。


 


■ 警察官による内部告発の衝撃


2018年4月20日の予審で検察側の証人として出廷した現職警察官モーヤンナイン警部が「2人の記者の逮捕は警察が仕組んだものだった」と突然証言。法廷は混乱に包まれ、警察内部に衝撃が走った。


検察側が「証人は敵対証人であり証人申請を却下する」と直ちに同警部の退廷を求めたが、裁判官は証言続行を命じた。そして同警部は「ロイター記者に機密書類を渡した後に逮捕するよう警察幹部から命令された。逮捕しないとお前が刑務所に行くことになると脅された」と警察によるでっちあげ逮捕であると告発した。


ロイター通信、被告、被告弁護団は「無実が証明された。直ちに釈放を」と同警部の勇気ある告発を歓迎した。しかしミャンマー警察は証言を終えた同警部を「警察官職務執行法」違反で起訴、迅速な裁判で禁固1年(不定期との情報もある)の有罪判決で収監、家族は警察官舎から即刻退去させられた。同警部のその後の消息は一切伝えらえておらず、人権団体からはその安否が気遣われている。


  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Japan In-Depth

トピックスRSS

ランキング