異訳し国連に提出された「南北板門店宣言」

Japan In-depth / 2018年9月21日 12時0分

異訳し国連に提出された「南北板門店宣言」


朴斗鎮(コリア国際研究所所長)


【まとめ】


・「南北板門店宣言」第3条3項の韓国語原文と日本語訳・国連提出の英語版が異なる。


・2か所に読点入れた聯合ニュース訳を引用した国内メディアは、今年中の終戦宣言が合意されたと解釈したが間違い。


・南北が国連に提出した「南北板門店宣言」英文版も「年内の終戦宣言合意」と異訳翻訳されているとの指摘。


 


【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合は、Japan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=42077でお読みください。】


 


4月27日の「南北板門店宣言」第3条3項が、韓国語版原文と日本語訳が異なるだけでなく、韓国版原文と国連に提出された英語版とも重要な点で違いのあることが分かった。


 


■ 韓国語原文と日本語訳の重要な違い


 


板門店宣言韓国版の第3条3項は、韓国語版で「南と北は休戦協定締結から65年となる今年に終戦を宣言し休戦協定を平和協定に転換し恒久的で堅固な平和体制の構築に向けた南北米の3者または南北米中の4者会談開催を積極的に推進していく」と読点のないまま最後の「積極的に推進していく」につながった表現になっている。従って、「終戦を宣言」も「休戦協定を平和協定に転換」するのも「南北米の3者または南北米中の4者会談開催」と共に今年に「積極的に推進していく」との努力目標と解釈されるのである。


 


  *韓国語版原文3条3項目は



となっており、文章に読点はない。北朝鮮側発表も南と北が北と南に、南・北・米・中が北・南・中・米となっている以外文面は同じである。


 


しかし聯合ニュースの日本語訳は、日本人向けに読みやすくするために恣意的に2か所に読点を入れ、「南と北は休戦協定締結から65年となる今年に終戦を宣言し、(注:この部分)休戦協定を平和協定に転換し、(注:この部分)恒久的で堅固な平和体制の構築に向けた南北米の3者または南北米中の4者会談開催を積極的に推進していく」となっている。


 


日本の一部メディアや専門家は、韓国語原文に依拠せずこの日本語訳を引用して、「今年に終戦を宣言し、」で文章を切り、今年中の終戦宣言が南北で合意されたかのように解釈している。しかしこれは大きな間違いだ。「今年に終戦を宣言し、」と句読点が入るか否かで日本語の意味は全く違ってくる。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング