対北、軍事オプション復活も~2019年を占う~【朝鮮半島】

Japan In-depth / 2018年12月29日 0時0分

対北、軍事オプション復活も~2019年を占う~【朝鮮半島】


朴斗鎮(コリア国際研究所所長)


【まとめ】


・再び「米朝張状態への回帰」の方向に動く可能性高し。


・北朝鮮、対話による「核兵器完全廃棄」に応じない場合軍事オプション復活も。


・韓国は「北朝鮮非核化」巡り米側か北朝鮮側か、選択迫られる。


 


【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=43419でお読みください。】


 


朝鮮半島情勢は、2019年も米朝関係中心に展開することが予想されるが、金正恩委員長の非核化措置履行、すなわち「核兵器の申告」があるか否かがキーポイントとなるだろう。


2019年米朝非核化交渉のシナリオとしては、



①金正恩の核申告履行で順調な「米朝非核化対話」の進行


②交渉の停滞で再び米朝緊張状態への回帰


③トランプ大統領の無原則な妥協で北朝鮮の核保有実質認定



の3つが考えられるが、今もって「第2回米朝首脳会談」のための高位級実務会談が行われていない状況であることから、どの方向に進むかは不透明な状態である。もしも2019年前半に意味のある米朝会談がもたれない場合、朝鮮半島は②の「再び米朝緊張状態への回帰」の方向に動く可能性が高まると考えられる。


米国は3月までは交渉の雰囲気作りのため、韓米合同訓練である「キー・リゾルブ」「フォールイーグル」訓練は延期すると思われるが、7月までに進展がなかった場合、中止されている8月の「乙支フリーダムガーディアン(UFG)訓練」再開に踏み出す可能性が高い。北朝鮮がこれを口実に長距離ミサイルの追加実験などに出た場合、2017年のような対立激化局面が避けられなくなるだろう。


 


■ スティーブン・ビーガン特別代表の発言に注目


米国務省のスティーブン・ビーガン対北朝鮮特別代表は2018年11月20日、李ドフン韓半島(朝鮮半島)平和交渉本部長との単独会談を行い米韓ワーキンググループ実務陣との全体会議を進める中で、「米朝交渉の推進派も(米国)国内で政治的に追い込まれているうえに、民主党が下院多数党になり、このように時間が流れることを待っているわけにはいかない」との立場を明らかにし、「(米朝対話の)窓が閉められている」という発言を行った。



▲写真 ポンペオ国務長官とスティーブン・ビーガン対北朝鮮特別代表 出典:flickr U.S. Department of State


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング