【エンタがビタミン♪】田村淳が伊勢神宮と出雲大社を案内。『やしろツアーズ』が「めっちゃおもろい!」

TechinsightJapan / 2014年12月10日 15時5分

写真

田村淳(ロンドンブーツ1号2号)が女性芸能人と伊勢神宮、出雲大社を巡る番組『やしろツアーズ』に大きな反響があった。パワースポットが流行る中で一度は行ってみたいと思う人も多い二大神社だけに、視聴者の関心も高かったようだ。ツイッターでは「めっちゃおもろい!」、「正しい参拝の仕方を勉強できて助かった」とつぶやかれている。

お城好き芸能人として知られる田村淳はこれまで東海テレビが制作する『おしろツアーズ』で各地の名城を案内してきたが、実は神社にも詳しい。12月7日にフジテレビ系で放送された『正しくお参り!バッチリ開運!やしろツアーズ』では伊勢神宮と出雲大社を榊原郁恵、高橋真麻、久保田磨希、かたせ梨乃、筒井真理子、遼河はるひら女性陣と巡りながら解説してみせた。

伊勢神宮では「全国8万ある神社の頂点だから、正式名称は“神宮”とだけ呼ぶ」、「外宮(げくう)から内宮(ないくう)へと参拝するのが習わしで、尊い方を後に参拝する」といった知識を披露。外宮は正式名称を“豊受大神宮”と呼び、豊受大神(とようけのおおみかみ)が、内宮には天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られている。田村淳は天照大神が「神様のトップ中のトップ」だと敬意を表していた。

伊勢神宮の参拝で気をつけたいのは、正宮では「神様へ感謝の気持ちを伝える場所なので、お願い事はしない」ことだ。「超VIPの神様に我々ごときがお願いをするなんて畏れ多い」と淳は言う。彼は「ただ、住所はいつも伝えている。それが良いかどうかは分からないが、これだけ多くの人が参拝する場所だから、自分がどこからやって来た人間なのかをちゃんと伝えようと思っている」と持論を語る。

お願い事をするのは、階段を上った高台にある多賀宮(たかのみや)で、豊受大神の荒御魂(あらみたま)が祀られている。荒御魂は向上心や挑戦の気持ちを後押ししてくれるのでお願い事はここでする。淳は「背中をドーンと押してくれるような」とその力をイメージしていた。

次に天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られている内宮を参拝するが、やはり正宮ではお願い事をせずに日々の感謝を伝える。お願い事は荒祭宮(天照大神の荒御魂が祀られている)ですることとなる。

伊勢神宮は一般の神社と同じく参拝する時には2拝、2拍手、1拝(2礼、2拍手、1礼)を行う。手を鳴らすのは神様に「私、やってまいりました」という意思表示のためだ。淳から「気づいてもらうように音を出すこと、左右の手をずらして打つと大きめな音が出る」とアドバイスがあった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング