【イタすぎるセレブ達】キム・カーダシアン、2人目不妊。9か月の努力実らず、医師も「かなり難しい」。

TechinsightJapan / 2014年12月29日 16時55分

写真

(9か月の努力は実らず…。)

昨年6月に、待望の第1子を出産したキム・カーダシアン(34)。その後、夫カニエ・ウェスト(37)との第2子懐妊に向けて子作りに懸命に励んでいるものの、その兆候はなく医師にも「妊娠・出産はかなり困難だろう」と宣告されたそうだ。

「もし妊娠できないのなら、体外受精だって試みるつもり。でも今は、自然な方法でチャレンジし続けたいと思っているの。」

そんな発言が話題になったばかりのキム・カーダシアンだが、実際に体外受精に踏み切る可能性が高まっているもようだ。第1子ノースちゃん(1)の出産から1年半、再妊娠に向けての子作りスタートからすでに9か月が経過しているが、妊娠には至らずキムと夫カニエ・ウェストはかなり苦悩しているというのだ。

そんな中、キムは「なんとかしないと…」と何人もの不妊専門医を訪問し相談。しかし医師らからは「妊娠・出産に至る可能性は低い」と明言されたそうだ。

ちなみにノースちゃんの妊娠も奇跡に近かったらしく、3人もの医師に「自然妊娠は無理」と言われた後に授かったとのこと。妹のクロエ(30)も不妊のため「家系か?」という声もあるが、キムの姉コートニー(35)は3人の子持ちで実母クリス・ジェンナー(59)は6人の子を産んでいる。

「どうにかしてノースに妹か弟を」とずいぶん焦っているキムは、ストレス軽減のために移動も減らしたもよう。また病院に毎月通っており、カニエもキムにほぼ付き添い医師に相談しているという。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング