【エンタがビタミン♪】木村拓哉、羽鳥慎一のしょうもないフリを優しくフォロー。「あったかいんだからぁ」をやる羽目に。

TechinsightJapan / 2015年4月16日 18時45分

SMAP・木村拓哉がテレビ朝日の連続ドラマで初主演となる『アイムホーム』が、4月16日にスタートする。夜の放送を控え番宣のために出演した『モーニングバード!』には、妻役の上戸彩と連れ立って登場。スタジオは一気に華やかな雰囲気に包まれた。

この日の『情報満載ライブショー モーニングバード!』(テレビ朝日系)のMC・羽鳥慎一は一目で分かるほど顔が浮腫んでいて、番組開始からツイッター上でも「羽鳥さん顔がブクブク」などと指摘されていた。

木村拓哉と上戸彩がスタジオに登場すると、まずドラマのあらすじが説明された。ドラマでは主人公・家路久(木村)が事故で一部の記憶を失い、妻や子供の顔が仮面に見えてしまうという設定のため、妻・恵を演じる上戸も実際に仮面をつける場面が多い。羽鳥が「可愛い上戸さんの顔が(仮面で)隠れちゃうという…」と冗談めかすと、「羽鳥さんのパンパンの顔も隠して欲しいですよねぇ」と彼女が和やかな表情でダメ出し。羽鳥が苦笑していると、すかさず木村が「飲み過ぎだ!」と人差し指で指差して突っ込むという、息の合った夫婦ぶりを見せていた。

今回のドラマでは木村の料理上手な一面も見られるのだが、撮影現場にもちょっとしたスープ類が用意されていると、木村が自ら買ってきた調味料で美味しくアレンジしてくれるのだという。特にミネストローネがお気に入りだったという上戸は、“また新しいスープが飲みたいな―と思っています”と木村にお願いする。横でこの話を聞いていた羽鳥が、「そのスープ、温かいですか?」と尋ねる。「そう、熱々」と彼女が答えると、「温かいですか? 温かいですか?」と何度も同じ質問を繰り返す羽鳥を、ニヤニヤしながら見つめる木村。

そして最後に視聴者に向けてのメッセージを求められた木村は、「はい本当に、“あったかい”ドラマになっています」とクマムシの長谷川俊輔の振り付けでドラマを宣伝。羽鳥のしょうもないフリが木村のおかげで救われ、スタジオ内は爆笑に包まれていた。上戸が“木村さんは完璧です”という理由が、よく理解できたのだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング