【エンタがビタミン♪】SMAP全員とドラマで共演した深津絵里。草なぎ剛との場面だけ思い出せず。

TechinsightJapan / 2015年9月16日 12時13分

写真

女優の深津絵里が『SMAP×SMAP』へ出演した際にSMAPメンバーそれぞれとドラマで共演したシーンを振り返った。ところが草なぎ剛と共演した場面だけはどうしても思い出せないようで、「覚えてないな」と首を捻る。草なぎはとうとう落ち込んでしまった。

SMAPの5人全員と共演経験がある女優は多くない。篠原涼子はSMAPそれぞれの主演ドラマで共演したことがあり、戸田恵子がスペシャルドラマ『古畑任三郎 vs SMAP』(1999年1月3日)でマネージャー役として5人と共演しているが、そんな中の1人が深津絵里だ。

9月14日放送のバラエティ番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に浅野忠信とその深津絵里が出演。深津がどのような作品でSMAPと共演していたかを振り返る。

中居正広とはスペシャルドラマ『ナニワ金融道パート1』(1996年2月16日)、木村拓哉とはドラマ『若者のすべて』(1994年)、時代劇ドラマ『忠臣蔵1/47』(2001年12月28日)、明石家さんまとのダブル主演による月9ドラマ『空から降る一億の星』(2002年)、月9ドラマ『CHANGE』(2008年)。

稲垣吾郎のドラマデビュー作となる牧瀬里穂とW初主演した月9ドラマ『二十歳の約束』(1992年)、『踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル』(1997年12月30日)、香取慎吾のドラマデビュー作となる『透明人間』(1996年)、月9ドラマ『西遊記』(2006年)、草なぎ剛とはドラマ『成田離婚』(1997年)と深津絵里の主演映画『ステキな金縛り』で共演している。

ところが深津は、『成田離婚』で主人公の星野一朗(草なぎ)と田中夕子(瀬戸朝香)の職場の同僚・結城玲子という重要な役を演じたにもかかわらず、「覚えてないなぁ」という始末だ。ドラマを振り返ると、主人公夫婦に「あなたたち離婚するの?」と言い放ったり、草なぎ演じる星野に「あったのよ5億!」と涙ながらに抱きつく場面もある。それでも思い出せず「20年って恐ろしいですね」と首をかしげるので、草なぎも「悲しいじゃないですか」とうなだれていた。

彼女は草なぎと共演したことは覚えているのだが、どのようなストーリーで自分がどんな役だったかを思い出せないそうだ。稲垣吾郎と共演した『二十歳の約束』の時にはお互いにまだ16~17歳ごろだった。実は稲垣と深津は堀越高校の同級生で、草なぎは1学年下にいた。草なぎ剛にとって深津先輩が稲垣との共演はハッキリ覚えていて、自分との演技は記憶にないというのも悔しかったことだろう。

ちなみに浅野忠信は、SMAPと同じ場面で共演したことがないという逆のパターンでメンバーを驚かせた。そんな浅野と深津が夫婦役で主演した映画『岸辺の旅』は『第68回カンヌ国際映画祭』ある視点部門で監督賞を受賞して話題となった。いよいよ10月1日から全国公開される。

※画像は『浅野忠信 tadanobu_asano Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング