【海外発!Breaking News】別居中の妻を殺害した夫、最後の性行為を断られて逆上(英)

TechinsightJapan / 2018年12月12日 16時35分

写真

別居をしても子供たちのためにと事あるごとに家族で出かけ努力してきた妻を、嫉妬に狂った夫が絞殺する事件が今年5月にイギリスで起こった。このほどその夫には、殺人罪で終身刑が言い渡された。『BBC News』『The Independent』『Mirror』などが伝えている。

今年の5月20日、マーティン・カバナー(35歳)は妻で2児の母親であるソフィーさん(31歳)をロンドン南東部ブロムリーにある自宅アパートで絞殺した。

2人は2011年に結婚したが、2016年の12月26日に別居。それ以降もソフィーさんは子供たちのためにマーティンを伴って家族で出かけ、パリのディズニーランドを訪れる計画も立てていた。しかし、それはあくまでも子供たちのためだったのだろう。ソフィーさん自身は関係が破綻していた夫とヨリを戻す気はなく、デート系サイト「Match.com」を通して知り合った男性と交際を始めており、マーティンとの離婚を申請していたという。

それを知ったマーティンは逆上。嫉妬心から勝手にソフィーさんのアカウントにアクセスし、プロフィールを滅茶苦茶にするなどの行為に及んだ。さらにWhatsAppで何回もソフィーさんにメッセージを送り、「最後にもう一度だけセックスしてくれるのなら、100ポンド(約14,000円)払う」ということまで伝えた。ソフィーさんはそれを断ったが、するとマーティンは「俺をこんなにズタズタにしたのはお前だ」とソフィーさんを激しく責めた。5月19日、マーティンと一緒にケント州ウィンガム・ワイルドパークに出かけたソフィーさんは、その日の夜にマーティンとパブで落ち合い友人らと会った。しかしこの日に、ソフィーさんは帰らぬ人となった。

ロンドンの中央刑事裁判所で行われた裁判では、殺害当時の様子が明らかになった。ソフィーさんは19日の夜、長時間にわたり携帯電話からインターネットに接続しており、おそらくサイトで知り合った男性と連絡をしていたのではと検察側はみている。オフラインになったのは真夜中近くだったようで、このソフィーさんの行為に嫉妬したマーティンがソフィーさんの首を絞めて殺害。その後、ソフィーさんを全裸にしてベッドに寝かせ眠っているかのように見せかけ20日の早朝、マーティンはソフィーさんのハンドバッグから盗んだ銀行カードを使って現金を引き出した。また自宅のゴミ箱には、ソフィーさんの壊れた携帯電話が捨てられていたことも明らかになった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング