【海外発!Breaking News】米ユナイテッド航空機内で泥酔した女、CAに暴行で懲役21年の可能性

TechinsightJapan / 2019年3月24日 16時50分

写真

機内での迷惑行為は絶えることがない。今年1月に米ユナイテッド航空機内で暴力行為に及んだ女の裁判がこのほど行われたが、女には最長21年の懲役刑が科せられる可能性もあるという。『news.com.au』『Fox News』などが伝えている。

1月21日、豪メルボルンから米ロサンゼルスに向かっていたユナイテッド航空UA99便の機内で、オーストラリア人の乗客の女が数時間にわたり迷惑行為に及んだ。

ビクトリア州に住む24歳のアダウ・アクイ・アテム・モーンヤング(Adau Akui Atem Mornyang)は、メルボルンからの14時間のフライト中に泥酔し、腕を振り回して人種差別的発言を含む卑猥な言葉を叫んだことから、他の乗客らがCA(客室乗務員)に苦情を訴えた。

ひとりの男性CAがアダウの座席に近付き態度を注意しようとしたところ、アダウは叫び続け、男性CAの顔を叩くという暴力行為に出た。このことからアダウは搭乗していた連邦航空保安局の職員に取り押さえられ、ロサンゼルス国際空港に到着するまで機内後方部のギャレーに拘束されていたという。アダウはロサンゼルスに到着後、逮捕された。

3月19日に行われた公判では、アダウの暴力的発言や暴力行為が証拠として提出された。合衆国司法省の声明文によると、当時、同保安局とロサンゼルス空港警察から連絡を受けたFBIがこの件の捜査に乗り出したようだ。今回、CAへの職務妨害に対する重罪と乗務員および乗客に対する軽犯罪で起訴されたアダウには有罪判決が下され、6月24日に行われる裁判では、最長21年の懲役刑が科せられる可能性もあるとのことだ。

このニュースを知った人からは、「空港や機内でアルコールを販売し続ける限り、乗客のこうした行為は止むことはないと思うけど」「叩いたぐらいで21年の懲役刑になんかならないだろう。実刑があっても半年とかじゃない?」「お酒を飲んで自分をコントロールできないのって情けないよね」といった声があがっている。

画像は『news.com.au 2019年3月22日付「Australian woman assaulted flight crew, yelled at passengers on flight to LA」(Picture: Oliver Holzbauer Source:Flickr)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング