【海外発!Breaking News】ジョナス・ブラザーズのライブがキャンセル、悲しむ女性の為に友人らが爆笑サプライズ(米)<動画あり>

TechinsightJapan / 2020年5月21日 16時45分

写真

アーティストのコンサートが相次いで中止や延期となるなか、ジョナス・ブラザーズ(Jonas Brothers)も開催予定のコンサートをキャンセルした。アメリカで彼らのコンサートを心待ちにしていた女性がこの悲報に肩を落としていたが、友人達の粋な計らいで彼らのライブに匹敵するほどの素晴らしい体験ができたようだ。『Good Morning America』『ABC News』などが伝えている。

米ミネソタ州在住のアリー・オークスさん(Ally Oakes)はジョナス・ブラザーズの大ファンで、今年4月にラスベガスで開催予定のコンサートを楽しみにしていた。しかし昨今の新型コロナウイルスの影響でコンサートはキャンセルになってしまった。

しかも今月8日はアリーさんの誕生日だったが、外出規制が続く中で友人を自宅に招く訳にもいかず、あまり派手にお祝いすることができない状態だった。アリーさんにとって大事なイベントが立て続けに台無しになってしまったが、ここで思いがけないバースデープレゼントが届くこととなる。

誕生日当日、アリーさんのもとに白いオープンカーに乗ってジョナス・ブラザーズの楽曲『What A Man Gotta Do』を歌う3人の若者がさっそうと現れたのだ。一瞬本物のジョナス・ブラザーズが駆けつけてくれたかのように見えたが、よく見ると彼らのお面をつけたアリーさんの3人の友人だった。

突然のジョナス・ブラザーズもどきの登場で、アリーさんは笑いが止まらないようだった。そして3人はアリーさんの目の前で、曲に合わせて見事なパフォーマンスを見せ、歌が終わると再びオープンカーに飛び乗ってさっそうとその場を去っていった。

彼らは日頃からアリーさんの親しい友人であるローレン・クィネルさん(Lauren Quinnell)ら3人で、アリーさんの誕生日を祝うために今回のアイデアを思いついたという。ローレンさんはこの時撮影した動画をTikTokに投稿したところ、98万回以上視聴され注目を集めることとなった。また彼女は動画の中でアリーさんの誕生日祝いについて次のように明かしている。

「アリーはジョナス・ブラザーズの大ファンなんだけど4月のコンサートがキャンセルのうえに、彼女の誕生日の5月8日は外出禁止令が出ていて、私達は彼女のためにジョナス・ブラザーズにコンタクトを取ろうと思ったの。だけどそれはうまく行かなかったから、私達で何とかしようと思って。その結果、私達がおかしなジョナス・ブラザーズになったってわけ。」

ローレンさんら3人は、この日のために曲に合わせてダンスの練習をしてきたそうだ。そんな彼女達に多くの人から「なんてクリエイティブ」「すごすぎる」といった称賛の声が寄せられている。ローレンさんのFacebookにもこの時撮影された写真が投稿されているが、そこにはアリーさんの嬉しそうな笑顔があった。



画像は『Good Morning America 2020年5月15日付「Friends recreate canceled Jonas Brothers concert」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング