【エンタがビタミン♪】ジョイマンの生みの親は“同級生のもっちゃん”こと秦基博 共演に高木「いまだに不思議な感覚」

TechinsightJapan / 2020年10月8日 15時20分

写真

「ナナナナー、ナナナナー」と言いながら繰り出す緩いラップネタでお馴染みのお笑いコンビ・ジョイマン(高木晋哉・池谷和志)。2人は中学時代の同級生だが、彼らにコンビを組むように勧めたのがやはり同級生のシンガーソングライター・秦基博だったという。いわば“ジョイマン生みの親”である秦と先日共演したジョイマンだが、「やっぱり最高の同級生ですね」「仲良し3人組」などの反響があった。

背が高くほっそりした高木晋哉が「ナナナナー、ナナナナー」と両手を左右に広げて独特のステップを踏みながら、韻を踏んだ言葉を緩く放つラップネタで楽しませるジョイマン。この高木晋哉(40)と池谷和志(39)は、神奈川県横浜市で同じ中学校に通っていた同級生で組んだコンビだ。2人はバスケットボール部に所属していたが、ここにいたのがのちに楽曲『ひまわりの約束』などを生み出すシンガーソングライターの秦基博だった。ジョイマンの2人は秦を「もっちゃん」と呼んでいる。

小学校も秦と同じ学校に通っていた高木が、秦のファンクラブの配信イベントに今年も出演したことを4日のブログで報告した。高木は「いまだに不思議な感覚は続いています。小学校の同級生と仕事をしました。」「もちろんミュージシャンだから当たり前なのかもしれないけど、小学校の同級生のファンクラブがあるって、何だか不思議。」と奇妙な心境を明かした。「大学生だった頃に、ほぼ引きこもりだった僕を、ビリヤードに連れ出してくれた。その時にしていたようなおしゃべりのまま。」と心は当時にタイムスリップしたようで、「もっちゃんはミュージシャンになって、僕はお笑い芸人になって。」と感慨深げだ。



中学校からの同級生だという池谷も4日にブログを更新し、「大変な状況の中ですが、年に一度友達に会える日。」と秦との再会を楽しみにしていたようで、「現場に着いて相方とエレベーターで上がって、楽屋に向かってドアを開けたら目の前にもっちゃんがいました。」「お互い『おお!』って驚きながらあいさつしました。(笑)」と振り返った。そして「本番も楽しく、回を重ねるごとに中学の頃の雰囲気になってきてる気がする。見ていただいてる方々は、この変化に気づいてるかな」と記している。

この配信イベントを「ジョイマンとの同級生トーク とても面白くて声だして笑っちゃいました」「仲良し3人組だからか、秦君自然体で最高に面白かったです」「安定のジョイマンの面白さ(笑)やっぱり最高の同級生ですね」とファンも楽しんだようだが、実はその昔、高木と池谷にコンビを組むように提案したのは秦基博だそうだ。

「【公式】よしもと芸人出演トーク番組『よしログ』」でジョイマンが明かしたが、彼らの成人式が終わった後に中学校の同窓会があり、そこで池谷が「NSC(吉本総合芸能学院)に行く。お笑いやるんだ」と話したところ、居合わせた秦が「じゃあ2人で組めばいいじゃん」とやりたいことがなかった高木とのコンビ結成を勧めたそうだ。当時の高木は早稲田大学に通っていたが、「お笑いは好きだった。憧れは会ったけど1人では自信がなかった」と言い、秦の一言が背中を押したようだ。その後、高木は大学を中退し、2人はNSCに一緒に通い、芸人の道へ進んで2003年にジョイマンを結成する。

「秦くんのおかげ」「いなかったらジョイマンは生まれていない」とジョイマン。高木はブログで「もっと、もっと歳をとっても、同じことをしていたいなあ。そうなったらもっと不思議だし、面白いなあ。」とこの先を望んでいる。秦基博は杉咲花がヒロインのNHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』(11月30日放送開始)の主題歌に、書下ろし曲『泣き笑いのエピソード』が決定した。“お笑い”と“音楽”とジャンルは違えど、学生時代の仲間として互いに気にかけて、良い関係を築いているようだ。



画像2、3枚目は『joyman.iketani 2020年10月4日付Instagram「同級生と会いました。」』『秦 基博とスタッフ 2020年10月5日付Twitter「11月30日放送開始のNHK朝の連続テレビ小説」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング