【エンタがビタミン♪】さくらまや「演歌なんて歌いたくない!」自虐替え歌に反響 無職、ローン地獄…告白も「なりふり構っていられない!」

TechinsightJapan / 2020年10月28日 15時20分

写真

2008年に10歳で史上最年少の演歌歌手としてデビュー、抜群の歌唱力で“平成の美空ひばり”とまで言わしめた歌手・さくらまや。そんなさくらも22歳となり、長年所属した事務所を退所し、今年8月に個人事務所「株式会社さくらまやプロダクション」を設立して心機一転、再出発を果たしている。しかしまだ仕事が軌道に乗っていないようで、27日放送のテレビ番組であまりにも率直な心情を替え歌にして歌い上げると大きな反響があった。これを受けて、さくらまやは自身のツイッターを急遽開設した。

さくらまやと言えば、愛らしい顔立ちで演歌を歌う歌の上手い女の子というイメージだが、その通り2008年に10歳で『大漁まつり』でデビューすると、翌年には42回日本有線大賞新人賞や第51回日本レコード大賞新人賞を受賞した。自身の歌手活動以外にも2013年にはCM出演のミゲルと歌手ユニット「MarMee(ミゲル&まや)」として活動したり、毎年夏に都内劇場で公演していたミュージカル『赤毛のアン』にアンの親友ダイアナ・バリー役で5年連続出演していた。



しかし今年は6年目の出演を予定していたミュージカル『赤毛のアン』も新型コロナウイルス感染拡大の影響で全公演中止となり、「新型コロナウイルスの影響を受け、気づけば『無職』に。この先どうしたら―と途方に暮れましたが、逆境に負けず歌を続けていきたいと決意し、家族や知人の力を借りてプロダクションを立ち上げました」と9月1日に書面にてさくらまや名義で報告していた。

そのさくらまやが27日放送のTBS系『爆笑!ターンテーブル 総勢72名!歌ネタの祭典』に出演、人気アニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマ曲でもあるLiSAの『紅蓮華(ぐれんげ)』を、替え歌『不安げ』にして熱唱した。冒頭「今年7月家を買った~、だけど8月無職に~!」と力強く歌い出すと、審査員の市川猿之助、三宅健(V6)、小芝風花、みちょぱから「ええーっ!」という驚きの声や、拍手が沸き起こった。続けて「22歳で建てた演歌御殿、ローン地獄、まだ2回しか払ってない」と告白し、さらに「大人を信じて今無職、だから本音言うよ」と宣言すると、「演歌なんて歌いたくない! アニソン歌いたい」「『おばあちゃんのため紅白出たい』そんなもん全部ウソ」「本当はお祭りの営業だけやってたい!」とぶっちゃけて、最後には「お仕事ちょうだい」とカメラ目線で微笑んだ。堂々と本音をうたい上げたさくらは拍手喝采を浴びたが、MCの桐山照史(ジャニーズWEST)も「あんなに暴露する?」と驚き、市川猿之助も「魂の叫び」と評価していた。

そこで実際にこれまで所属していた事務所サイトでさくらのプロフィールを確認すると、「将来の夢」として「紅白歌合戦で『ひいおばあちゃん、見てますか?』と手を振る事」と書かれている。また現事務所の公式サイトには「歌で会場を盛り上げます! お祭りのステージ出演や、お祝いの席の出演などお任せください」と記載されているので、「お祭りの営業」に意欲的なのも事実のようだ。

そんな本音をぶっちゃけたさくらには、ツイッターで「さくらまや の替え歌最高すぎんかw」「素のさくらまやはおもしろいな」「いろんな意味で涙出た」「生身の人間らしさが出て、素晴らしい」などの声が飛び交い、「さくらまや」がトレンド入り。この反響を受けてさくらまやが急遽自身のツイッターを27日夜に開設したほどだ。さくらは「『なりふり構わない勢い』『尖ってる』などなど皆さんの反応嬉しかったです。そう、なりふり構っていられない!(ローンがある!)」とツイートしていて、母親にも反響を伝えたところ涙したという。



「確かに先輩が演歌の殻を破って、V系っぽいメイクでアニソン界に参戦したもんね」との声もあるが、演歌歌手の氷川きよしがテレビアニメ『ドラゴンボール超』のオープニングテーマ曲『限界突破×サバイバー』でブレイクしたことも記憶に新しい。演歌歌手は他のジャンルの楽曲も歌いこなす歌唱力を持つ人も少なくない。「まやちゃんのアニソンもっと聞きたいです」「君なら、アニソンの女王になれます」とのエールも見受けられるが、さくらまやも今回の告白をきっかけになりふり構わず爆走し、アニソンでブレイクする日も近いかもしれない。

画像1、3、4枚目は『さくらまや 2020年10月24日付note「最近は、芸人さん枠…?!」、2020年10月23日付note「ラジオで番組を持つことになりました!」』『さくらまや 2020年10月28日付Twitter「【爆笑ターンテーブル後日談】」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング