1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

【海外発!Breaking News】TikTok動画で見た対処法で迷子の2歳息子を発見した母親「ぜひみんなもやってみて!」(豪)<動画あり>

TechinsightJapan / 2021年2月2日 5時0分

写真

デパートやスーパーマーケットなどの広く混み合った場所では、好奇心旺盛な幼児が迷子になってしまうことが多い。このほどオーストラリアで2歳の男児が買い物中に迷子になってしまったが、母親がインターネットから学んだ“ある方法”を試したところ、すぐに息子を見つけ出すことができたという。この母親がそのテクニックを紹介したFacebookの投稿が大きな共感を呼び、母親たちを中心に拡散中だ。『Metro』『news.com.au』などが伝えている。

Facebookで母親などが集うグループ「Momma’s Tired」に1月26日、「今日、2歳になる息子がKマートで10分ほど迷子になりました。それは最も恐怖の10分間でした」という体験談を綴ったある母親の投稿が話題を呼んでいる。

この日、彼女は豪ニューサウスウェールズ州ハンター・バレー(Hunter Valley)にあるショッピングセンター「Kマート」で、2歳の息子ネイサン君(Nathan)を連れて買い物をしていた。

すると目を離した隙にネイサン君がいなくなり、迷子になってしまった。同行していた友人が、すぐに店のスタッフにネイサン君の特徴や着衣を言い「大人と一緒であっても出口を通さないように」と伝えてくれた。

母親は心配でどうにかなりそうな気持ちを抑え、ハンガーラックの下などを息子の名前を呼びながら、その姿を探して必死に通路を駆けまわる。しかしどこにもネイサン君の姿は見当たらなかった。

そんな時、彼女はふと「そうだ、TikTokだ!」と以前に見たある動画を思い出したという。

それはアメリカ人の女性ブロガー、ジェス・マルティーニさん(Jess Martini)が「もし子供が混み合った場所で迷子になったら」という迷子探しのテクニックを紹介した内容であった。

女性はジェスさんの教えにならい、以下のように実践していった。

「もし子供が迷子になってしまったら、周りの目など気にせずに子供の特徴を大きな声で叫ぶの。」

「『幼い男の子を見失いました。その子は黄色いシャツを着て、茶色い髪をしています。彼は2歳で、名をネイサンと言うの!』って叫ぶのよ。」

彼女はこの内容を何度か繰り返し叫びながら、「絶対に泣き出してはいけないわ」と自分に言い聞かせていたそうだ。それにはこのような理由があったという。

「大きな声で、はっきりと伝えて皆に理解してもらうためです。」

「(助けを何度か求めた後)明らかに周囲の反応が一変しました。」

「周囲にいた大人たちが皆、手に持っていた商品を置いて、迷子の子供に注意を向けて探し始めてくれたんです。」

「私がある通路を曲がったところ、後ろから『彼はここにいるよ!』と聞こえました。来た道を戻ってみると、そこにネイサンがいたのです。ネイサンの横を通り過ぎた男性が私の呼びかけを聞いて、気にしてくれたようです。」

こうして息子のネイサン君と無事に合流できた女性は、「もし私がネイサンの特徴を叫んでいなければ、男性はネイサンに気付きもせず、ただ通り過ぎていったのだろう」とその効果を実感したそうだ。

母親がこの自らの体験を「恐怖の10分間」と称して「ジェスさんの教えによって見事に息子を発見できたの。ぜひみんなもやってみて!」とFacebookに投稿すると、他の母親から「こんなに素晴らしい情報を教えてくれてありがとう!」「たしかに、これはかなり有効な手段ね」「私も恥ずかしがらずに、やってみるわ!」など大きな反響があった。

ブロガーのジェスさんが投稿したオリジナルのTikTok動画では「あなたがどんなに素晴らしい両親であったとしても、迷子は起こり得る」として、迷子を捜すための重要なポイントを以下のように説明している。

「動画を見ている両親のみなさんへ。もしあなたの子供がいなくなったなら、静かに探し回ったり、ただ名前を呼ぶといった方法は避けてください。」

「大きな声で叫ぶんです。子供が迷子になっていると言うんです。その特徴を何度も繰り返してください。」

ジェスさんはこの大きな声での呼びかけについて「すぐに誰かが子供を見つけてくれることがベストだけど、誰かが子供を誘拐しようと試みた際の抑止力にもなる」として、以下のようにその効力を明かす。

「もし誰かが子供を誘拐しようとしても、(子供の特徴を知って目を光らせている)周囲の大人がそれを止めてくれるかもしれません。」

「誰もが警戒している状態であれば、誘拐犯が子供を連れ去って逃げ出すチャンスを減らすことができるのです。」

この母親の投稿をきっかけにジェスさんのオリジナル動画は大きく注目を浴び、現在も拡散中だ。



画像は『news.com.au 2021年1月26日付「How mum found lost toddler in Kmart using TikTok advice」(Picture: TikTok/jesmartiniSource:Supplied)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング