【エンタがビタミン♪】『ストレイヤーズ・クロニクル』を実写映画化。最強の男・昴役の岡田将生をアクション監督が絶賛。

TechinsightJapan / 2014年9月19日 7時0分

写真

本多孝好氏による新感覚アクション巨編『ストレイヤーズ・クロニクル』の完全実写映画化が決定した。実写化となれば気になるのが特殊能力を持つ最強の男・昴役だが、その主人公に抜擢された岡田将生は「アクションをやったことがない」と明かしている。だが、アクション監督は彼のアクションセンスについて「貴重な才能があります」と評価しており、日本映画にはあまり見られないタイプのアクション映画になりそうだという。さらに染谷将太や成海璃子をメインキャストに起用。あの『GANTZ』のアクション&VFXチームも関わるとあり、原作がどのように撮られるのか期待が高まる。

小説家の本多孝好氏が2012年から手がけた『ストレイヤーズ・クロニクル』シリーズは昨年、2013年4月5日に出た『ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3』で3部作を完結した。

ストーリーの概要は次のようなものだ。1990年代の日本で行われた実験により生まれた若者たちが20歳になろうとしていた。視覚、視神経、脳伝達速度が高度に発達し、相手の動きの先を読みすべての攻撃をかわすことができ、さらに並外れた神経の発達により、視覚で得た情報のみであらゆる体術を駆使できる最強の男・昴が率いるチーム。そして、最凶のウィルスとその抑制抗体を体内に併せ持つ車イスに乗った学(マナブ)のアゲハチーム。異能力者という同じ宿命を持った若者達からなる2つのチームが闘いあう。だが、戦いの過程で彼らの出生の秘密が、人類進化の鍵であることをつかむ。しかし、それは同時に人類滅亡につながる危機も内包していることが判明する。彼らを利用しようとするもの、排除しようとするもの。あらゆる世代、思惑が絡み合いながら、異能力を持った若者たちは戦い傷つけあう。彼らの未来は、そして人類に残された道とはいったい…。

完結した作品を読んだ映画監督の瀬々敬久氏は、「スピード感溢れる文体で、コミックや映像作品に勝る世界観を作り出したこと」が『ストレイヤーズ・クロニクル』の醍醐味ではないかと評している。

今回、本多孝好氏による複雑な構図とスピード感溢れる『ストレイヤーズ・クロニクル』を『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した喜安浩平氏が脚本にまとめ、その瀬々敬久監督がメガホンをとった。原作の醍醐味を知る瀬々監督の熱意が、実写化を成功させたといえそうだ。

インタビューを受けた俳優の岡田将生は、瀬々監督がアクションを撮ると聞いて驚いたという。監督に対してそうしたイメージがなかったらしいが、その岡田もまた「僕もアクションをやったことがなかったので、なんでやったことのある人にオファーしないんだろうって…」と笑いながら答えた。もちろんアクションについては一から教わって練習に励んでいるが、なによりも映画『アントキノイノチ』で主演したことで、瀬々監督への信頼は強いものがある。「自分の命を削っているような瞬間を垣間見ることがある監督のもと、現場で感じたものを演じていければいいなと思っています」と語っており、アクションについてもチャレンジ精神でこれまでとは違った一面を見せたいと意欲的だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング