【エンタがビタミン♪】鈴木奈々、「年内挙式宣言」後すぐの挙式報告に驚き。理由は夫への配慮か?

TechinsightJapan / 2014年11月4日 15時55分

写真

今年1月に、かねてから交際していた一般男性と入籍した鈴木奈々が、今月2日に結婚式を挙げたことをブログで報告した。当日は普通の結婚式では考えられない、彼女らしいハプニングが続出。おバカタレントでブレイクした実力をいかんなく発揮したようだ。

鈴木は3日、「☆結婚式☆」のタイトルでブログを更新。今年1月に入籍しブログにも度々登場する夫の「サイオ君」と、2日に結婚式を挙げたことを報告した。

今回の結婚式は、鈴木がイメージキャラクターを務める「楽婚」を使用して開催。親族のみのアットホームな結婚式となったようだ。

この日ばかりは、いつもの「おバカキャラ」は封印したのかと思いきや、そこは期待を裏切らない鈴木。ブログでは2つのハプニングがあったことを明かしている。

まず当日、結婚式の必需品「結婚指輪」を自宅に忘れてしまったという。会場への移動途中で気づいたものの、鈴木は茨城在住で取りに戻る時間はない。そこで潔く指輪を諦め、“指輪なし”の結婚式を強行開催したそうだ。

また、夫婦同士でウェディングケーキを食べさせあう「ファーストバイト」では、気合を入れすぎてウェディングドレスが生クリームまみれになるというハプニングも。いかにも鈴木らしいハプニングである。

一方で、披露宴では新郎の「サイオ君」が号泣し、それにつられて鈴木の父親も号泣するなど心温まるエピソードも紹介。「号泣あり爆笑ありの結婚式でした」と振り返っており、一生忘れられない思い出となったようだ。

ところで鈴木奈々は、10月22日に行われたイベントで「挙式は年内に」と語っていた。この宣言後すぐの挙式報告には、驚いた人も多かったのではないだろうか。そこには、彼女の夫を気遣う一面が感じられる。鈴木はもともと一般人である夫を気遣い、結婚式は身内だけで行うと宣言していた。それだけでなく同イベントでは、夫の収入だけでやりくりして家計簿をつけていることや、自分の収入はマイホーム購入のために貯金するなど普段の「おバカキャラ」からは想像もできない“良妻ぶり”を見せていたのだ。このたびの挙式も夫や家族を気遣い、日取りや場所が周囲に広まる前にひっそりと挙げようとしたのかもしれない。

結婚式も無事に挙げた鈴木だが、4日に更新したブログでは2008年7月から開始したアメブロの終了を発表した。しかし、新しくスタートしたLINEブログにて早速、披露宴で着用した素敵なドレスの写真を掲載している。これからもブログでアツアツ夫婦ぶりを見せつけてくれることを期待したい。

※画像は『鈴木奈々公式ブログ』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング