【エンタがビタミン♪】前田敦子がオーランド・ブルームとロンドンでツーショット。憧れの人にハグされて感激。

TechinsightJapan / 2014年12月3日 11時30分

写真

映画『ホビット 決戦のゆくえ』のワールドプレミアに前田敦子が招待され、晴れ着姿でグリーンカーペットに登場した。カーペット上で憧れのオーランド・ブルームとの対面を果たした前田は、「アメージング! 君は素敵だ!」と言葉をもらい照れていた。

『ホビット』シリーズの完結編となる映画『ホビット 決戦のゆくえ』のワールドプレミアが、ロンドンの歴史あるレスタースクエアーで現地時間の12月1日(日本時間、12月2日)に行われた。『ホビット』“最後のワールドプレミア”にファン4000人が集まった。その会場に日本のファン代表として前田敦子が招待された。

前田は「世界中の人々がこの原作を読んで、映画を観ています。このシリーズには、世代を超えて楽しむことができる、計り知れないほど壮大なドラマとストーリーがあるんです。今回はワールドプレミアで、しかも3Dで本作を観ることができるので、映画ファンとしては堪らない経験です!」と早くも興奮気味だ。

今回が初の海外ワールドプレミア体験だという彼女は、赤を基調とした華やかな晴れ着で臨んだ。「振袖は若いうちしか着られないので、この歳でこのような舞台に参加できて嬉しいです」と喜びを溢れさせると、「とにかく規模が凄いのと、スタッフやキャストの方のファンへのサービスが素晴らしいです」と感激していた。

また、本作のテーマでもある“旅の終わり”そして“仲間との別れ”について聞かれると、「自身がやりきった思いを感じながら、次に進めることは嬉しいことです。私はAKBを卒業して、今、新たに1人で旅を続けています。一つの旅の終わりはまた新たな旅の始まりですので、凄くワクワクしています」と答えている。

晴れ着姿の前田敦子がグリーンカーペットに登場すると、世界中のマスコミが一斉にカメラを向けた。カーペット上では、エルフ族の戦士“レゴラス”を演じたオーランド・ブルームと対面。憧れのスターとツーショットが実現した。

オーランドが前田の晴れ着姿に「アメージング! 君は素敵だ!」と賛辞を送ると、彼女は「ありがとうございます」と少し照れながら返す。さらに、オーランドは「彼女はワンダフルなんだよ。彼女の作品は観たことはないけど、きっとファンタスティックだろうね」と前田のハリウッド進出を楽しみにすると、「ただひたすら頑張るしかないけど、君はきっとそうすると思っているよ」と期待を込めた。

そんなオーランド・ブルームからハグされる夢のような瞬間も体験した前田敦子。ツーショットに収まったその笑顔は実に幸せそうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング