猛暑期には「生活用水2L増やす!」災害時の水備蓄1日5Lを!

JIJICO / 2018年8月17日 7時30分

写真

猛暑期には「生活用水2L増やす!」災害時の水備蓄1日5Lを!


8月の「水の日」「水の週間」に、あらためて災害時の生活用水を考える

昔は、ダムや給水設備が整っておらず、河川の渇水によって給水車が出動することがあり、貴重な水の資源開発が深刻な課題でした。そこで1977年(昭和52年)に、1年で最も水の使用量が多い8月の1日を「水の日」として、初日から1週間を「水の週間」と閣議了解により定められました。

そして、2014年(平成26年)に水循環基本法が施行され、8月1日は、国民に広く健全な水循環の重要性についての理解や関心を深める日となり、この夏も全国でさまざまなイベントが開催されています。

「水とのふれあいフォトコンテスト」SNS版は、誰でも投稿ができて面白そうです。
※締切は8/31まで。詳しくは、リンク先をご覧ください。
(独立行政法人水資源機構 水の週間実行委員会事務局主催)

まだまだ暑さが続きますから、今回は災害時の生活用水について、どのくらいの水が必要になるか、どのように保存するかを一緒に考えてみましょう。

日本人1人あたりが「1日に使う水」は200L以上

さて、わたし達は普段、1日何リットルの水を使っているでしょう?2013年調査では230Lで、世界平均の約2倍!(昨年2017年は、219L)
その内訳は、お風呂40%、トイレ21%、炊事18%、洗濯15%、そのほか洗顔など6%となっています。
(参照:TOTO株式会社ホームページ)

歯磨きの30秒でも、水道から流しっぱなしでは6L、シャワーを1回3分浴びるだけで36L、お風呂に貯める水は、140Lから200L使うことを考えると、生活での相当な使用量に、いまさらながら驚いてしまいます。水道が止まってしまったら…、いったい1日何リットルで生活できるでしょう。

災害時の備蓄には、飲み水だけでなく、生活用水の確保が必要です。3Lの目安であれば、そのうち2Lは飲料水で使い、残り1Lを生活用水と考えることになりますが…。

飲料水のほかに、食事や洗顔などの生活でも水を使います

例えば…

(1)飲み水と別の食事用:粉末ドリンク、フリーズドライ食品、インスタント食品など

1回200㏄×1日3食として=600cc以上は必要になるでしょう。

(2)調理用:ご飯パック、レトルト食品、缶詰を温める

お鍋に、約1Lは使います。(温めの用途のみなら毎日は換えなくても構いませんが…)

(3)生活用:顔を洗う

洗面器に入る量は、約1L。手ですくって顔にかけると、1回に80㏄。口を1回ゆすぐのに20㏄。1日3回として300㏄使います。そのほか、カラダを拭く、食器を洗う、洗濯する、トイレに使うなど、色々と思い浮かべてみてゆくと、明らかに1Lでは足りないことがわかってきます。

食事&飲料水で3L+生活用水2L=夏こそ1人「1日5L」準備したい!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング