コミュニケーション力こそがビジネス成功のカギを握る

JIJICO / 2018年12月26日 7時30分

写真

コミュニケーション力こそがビジネス成功のカギを握る

ストレスのほとんどは人間関係が原因

平成最後の年末を迎えていますが、みなさんにとってどんな一年だったでしょうか。振り返るとさまざまな出来事があったと思います。私が痛感しているのは、去年よりもさらに世の中のビジネスモデルがどんどんと新しいカタチに進んでいるということです。

ITの発展により、より早く結果を求められる近年、また働き方改革が叫ばれて、テレワークなども珍しくない社会状況になってきました。しかし、実働時間は減っているように見えても、忙しさは増しているという声も多くあります。さて、そんな急速に変わっている働き方の中で、働く人の心が追いついているのか?と懸念しています。

2015年12月から、ストレスチェックの実施が義務づけられましたが、 現場ではこのストレスチェックがうまく機能しているでしょうか。実は、私たちのストレスのほとんどが「人間関係」と言われています。

この人間関係とは、自分と相手の関係、つまり相手があるということです。職場において、あなたが上司であれば部下との関係、部下であれば上司との関係、あるいはチームメンバー同士の関係です。

私はかねてより、関係性の質の向上が人材育成になり、ひいては組織の成長につながると提言してきました。では改めて関係性の質の向上のために、まず何をしたらいいのでしょうか?

それは、対面でコミュニケーションする時間を作るということです。ここであえて「対面で」と言ったのは、相手と共に時間を共有することに意味があるからです。つまり、共に「今」にいることなのです。

コミュニケーションの問題点

それでは、円滑なコミュニケーションを作り上げる秘訣は何でしょう。

私たちは相手を判断する時に、まず相手を観察しますね。私の場合は、どんな色が好きなのか?嫌いなのか?を参考に、口癖や行動パターンなども観察します。そして、質問しながら相手の話を傾聴していきます。会話の中から、私が観察したこと、そして私が感じたこと、これを合わせて「相手の情報」とするわけです。

「どんな色が好き?」というのは、あくまで会話のきっかけ作りに過ぎません。相手が話しやすい場を作るためのものです。それでは、相手はどうでしょう?相手も同じように私を観察し、そして感じたことを合わせて私の情報としていることでしょう。

さてここで、一つ考えてみてください。あなたが得た相手の「情報」は、100%正確なものだと思いますか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング