【速報】AKB48握手会襲撃「容疑者はジャンパーに凶器を隠し持っていた」

東京ブレイキングニュース / 2014年5月26日 10時30分

写真

 

 5月25日、岩手県滝沢市岩手産業復興センターアピオで、AKB48のファン交流握手会が行われていたところ、24歳の男がのこぎりのようものを振り回し、メンバー2名に襲いかかり負傷した(男性スタッフ一名負傷)。

 襲撃された川栄李奈(チームA)、入山杏奈(チームA)はともに運営からの期待も大きい。テレビ、雑誌等の露出も多く、これからのAKBを担うメンバーとして期待されていた。

 川栄が頭部から、入山杏奈は手から出血しているという報道もあるが、運営関係者によると、川栄も手からの出血で、両名とも襲われた時、手で頭や顔などをかばって際、切りつけられた傷ではないかとのこと。運営関係者に急遽、話を聞いた。

「川栄、入山の手術も無事に終わり、意識もはっきりしていて、まずは一安心です。犯人は、精神疾患を持っていた男性のようです。また、手荷物検査をしていなかったことがあたかも、犯罪を誘因したかのような報道が加熱していますが、実は犯人は手荷物は持っておらず、ジャンパーに凶器を隠し持ってました」

 警備を問題にするむきもあるだろう。何しろ、大切な娘さんたちを預かっている身である。この、「大切な娘さんを預かっている」という言葉は、運営からよく聞いており、これについては、心底から出ている言葉だと思う。握手会の際の警備は、訪れるファンには両手を広げさせ、何も持っていない事を確認して握手会に臨ませているはずだが、なぜ「のこぎり状」のようなものを持ち込む事が出来たのか。これは容疑者の取り調べを待つほかはない。犯人は24歳の男で、殺人容疑での逮捕となっている。

 とはいえ、何と言っても「悪い」のは「やった人間」である事に異論はないだろう。人前に出る仕事とはいえ、川栄19歳、入山は18歳の女の子である。そもそも「会いに行けるアイドル」というコンセプトでのグループであり、ファンとの距離感を(現在は売れている為少しちがうかもしれないが)近くする事によって、ここまで有名になった訳だが、それには「ファンとの相互信頼」が担保となって、「握手会」などの交流が実施されてきた。その「相互信頼」裏切った行為であり、純粋にAKB48グループを応援しているファンたちからすれば、迷惑この上ない行為である。

 過去に、芸能人・アイドルが襲われた例は古くは美空ひばり、松田聖子、最近では声優の田中理恵などがある。だが、これらはステージの上に駆け寄るなどの行為で襲撃しており、握手会のような密接した場所ではない。

 運営としては、握手会はAKB48グループの「行事」であり、なくなる事はないと思うがメンバーたちのモチベーションが気になるところである。まして6月7日に総選挙があり、その直前での事件だ。犯行に及んだ人間の罪は想像以上に重い。(文中敬称略)

Written by 久田将義(東京ブレイキングニュース編集長)

【注目記事】

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング