開店休業状態だったFlowerの最古参メンバーがデキ婚で脱退…んで、結局解散 得も言えぬファンの怒りはMAX

TABLO / 2019年9月23日 13時21分

ヴォーカルが辞めちゃったら「花」がなくなるもんね(画像はCD『F』より)

9月20日、5人組ダンスグループのFlowerのメンバーである中島美央さんが、サッカー選手の冨樫敬真との結婚&妊娠、そして芸能界引退を発表したと同時に、メンバーやスタッフ協議が行われ、9月いっぱいでのグループ解散も発表され、話題となっています。

まず中島さんの結婚&妊娠について、世間の声は超辛辣です。

関連記事:【アジアの片隅でも観られている紅白歌合戦】ジャカルタの和食店でE-girlsを鑑賞したあとのぶらり散策

「妊娠するなんて無責任すぎる」
「ただのデキ婚だろ。生でやったらできちゃうだろ」
「解散してかわいそうという人もいるが、大半の人は名前も知らないし、結果的に良かったかもしれない」
「デキ婚して引退するからグループが解散って、他のメンバーがかわいそうすぎるし、超無責任」
「最近の事件にも通じるけど、後先考えないやつがいかに多いか」

といった反応を見せています。

しかし一転してファンたちからは、寂しさ溢れる声が多く上がると同時に、非常にあたたかく、

「Flowerありがとう。みおちんおめでとう。でも寂しいなああ。ラストイベントくらいして欲しかった」
「動画見てたら、みおちんの表現力すごすぎたダンスを思い出し、また辛くなるよ。あーみおちん泣」
「おめでたい! でも解散は少し寂しいね…」
「すごいおめでたいけど、素直に喜べない自分がいる。現実が受け止められない。客席から見るFlowerをもう1回この目で見たかった」
「何よりもずっと隠し通したことも、みおちんのプロ意識を感じる。Flower、5人でこれからも突き進んでいくと思ったから、もうあのパフォーマンスは見られないと思うと悲しいよ…」
「おめでたい気持ちでいっぱいだけど、解散は急すぎて頭が追いつかない」
「何を言ってもどうにもならないので、うちらは応援するだけ。みおちん結婚妊娠おめでとう」

と、精一杯祝福をしている様子が見受けられます。

参考記事:帰国してすぐ大炎上 ゴルフ全英女子オープンで初優勝した渋野日向子さん EXILEファンが激怒の理由 | TABLO

「ニュースに適当なことを言い捨てる“世間”の声は無視するとして、ファンはやりきれないですよね。Flowerは2011年に9人組としてデビューしましたが、中島さんは前年から活動していた最古参メンバー。その後、2013年に当時のリーダー・水野絵梨奈さんが脱退すると、2014年に武藤千春さん、2015年に市來杏香さん、2017年に藤井萩花さんが脱退しました。5人体制になってから今年1月にシングルが配信され、2月にE-girlsなど同じくLDH所属の女性グループ4組とアーティスト2人との合同ツアーに参加するまでは、開店休業状態でした。そんな状況でしたから、ファンのなかには『解散は規程路線だったのでは』と推測する人も少なくありません」(芸能記者)

ほかにも事務所批判に転じるファンも多く、

「応援しているアーティストが突然いなくなる衝撃は耐え難いよね。心の準備ができる期間を取り、最後まで完全燃焼できるようにしてほしい。それなのにこの事務所は、いつも『協議を重ねた』と言うが、応援しているファンに誠意を見せない会社だよ」
「E-girlsの派生グループ3つのうち2つ目が解散。Dreamに続いて活動がなかったFlowerは、たとえデキ婚がなくても、ボーカルの子の脱退が痛手になってからは、解散は決まっていたような気がする」
「LDHってこういう終わり方多いな。解散や改編などの区切りでコンサートをするわけでもなく、急に発表していきなり解散や改編。ファンを舐めていると思って、だいぶ前にLDH所属のグループを応援するのを辞めた」

新人発掘に余念がなく、昨年には女性オーディションを開催し11月に合格者を発表したLDH。既存タレントのファンたちが、気兼ねなく思いきり応援できる日は来るのでしょうか。(文◎じゅる王)

あわせて読む:AKB48御用メディアで板野友美とTAKAHIRO熱愛報道が解禁したウラ事情 | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング