アニメ規制派は根拠なく感情論...TVタックル問題回を検証する

東京ブレイキングニュース / 2014年9月20日 17時0分

写真

 東京ブレイキングニュースには、過去何度もオタク差別・表現規制に関する記事を寄稿させていただいたが、そのせいか前回の『TVタックル』(テレビ朝日系)の内容について何か書いて欲しいと要望があった。

 問題となっている回は「アニメ規制」をテーマにしたもので、今やネットのあちこちで激しい議論が交わされている。

 だが、それらの内容は規制反対派からすれば「今さらか!」と言いたくなるほど出尽くした内容であり、それこそコミック規制問題が騒がれていた遥か昔にも同様の意見で溢れかえっていたほどである。一言でぶった切るならば「これ以上ネットで言う事なんかない」状態なのだ。

 とりあえず、まずは例として東京ブレイキングニュースに掲載された表現規制問題に関する記事へのリンクを並べておく。

(http://n-knuckles.com/media/mass/news001593.html)

(http://n-knuckles.com/media/mass/news001614.html)

 これら以外にも、児童ポルノや児童の性虐待に関する記事をイヤというほど掲載していただいたので、秋の夜長のお供にどうぞ。

 さて、今回問題となっているTVタックルは、話の内容自体は過去のどんな番組と比較しても「反対派の圧勝」とされておかしくない内容だった。 にもかかわらず、かの番組特有のワチャワチャした構成のせいで、世間一般の人々にはそうは伝わらなかっただろう。

 あくまで「規制問題に興味がある人間にとっては勝ち負けがハッキリしていた」というレベルに過ぎない。もっと言うならば「規制反対派にとっては勝ったと思い込める試合」だった。

 規制賛成派の意見はどれも根拠がなく、早い話が「だってオタクって気持ち悪いんだもん」という感情論にしかならない。それに対して、規制反対派が出した意見はより具体的なものが多く、表現物と性犯罪発生件数の因果関係など解っていない点や、賛成派の根拠となる部分を打ち砕く内容が目立った。

 だがしかし、先にも述べたように番組自体の構成がマナーもへったくれもあったものではなく、他人の発言に平気で大声を被せたり、いい話をしている最中にチャカしたり、アレでは表現問題に興味のない人間が見ても何も情報が残らないだろう。

 むしろ、視聴者の大多数にとって最も印象深かったのは、番組途中で登場したオタク軍団だったはずだ。彼らのビジュアルのインパクトが強烈で、それまでの規制問題に関する討論内容など頭からすっ飛んでしまっただろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング