新オラ顔で打倒アルヴェルなるか!? 新型「オデッセイ」&「エルグランド」 三者三様の個性とは

くるまのニュース / 2020年11月11日 17時10分

2020年10月に日産は「エルグランド」を、そして11月にホンダは「オデッセイ」をマイナーチェンジしました。販売好調な「アルファード」に対抗するべく、フロントフェイスの刷新などさまざまな変更が加えられていますが、それぞれどのように違うのでしょうか。外観を中心に比較します。

■結構違いがある国産高級ミニバン各車の車高

 ホンダは2020年11月6日に「オデッセイ」をマイナーチェンジして発売しました。また日産は10月12日に「エルグランド」をマイナーチェンジして発売。国産高級ミニバン市場がいま盛り上がりを見せています。

 そんななか、近年国産高級ミニバン市場で極めて販売好調なのがトヨタ「アルファード」です。3車それぞれどのように違うのか、外観デザインを中心に比較していきます。

 オデッセイは、5代目となる現行モデルが2013年に登場。超低床プラットフォームの採用によるゆとりある室内が特徴で、歴代初となる後席両側スライドドアが現行モデルで採用されました。

 また、現行オデッセイはホンダの最高級ミニバン「エリシオン」と統合されるかたちでフルモデルチェンジされたことから、従来より車格が上がっています。

 一方現行エルグランドは2010年に登場。歴代で3代目にあたるモデルで、2代目モデルまでは駆動方式にFRを採用していたのに対し、現行モデルはFFを採用したのが特徴となります。

 新プラットフォームを採用し、低床低重心のパッケージングと高いボディ剛性を実現。安定感のある乗り心地と、コーナリング時、ブレーキング時も路面をしっかり捉える安定性の高さを見せます。

 そして、現在売れ行き好調のアルファードと、兄弟車の「ヴェルファイア」によって国産高級ミニバン市場は形成されているのですが、これらの車種のボディサイズはとくに全高において大きな違いがあります。

 各車のボディサイズを比較すると、オデッセイは全長4855mm×全幅1820mm×全高1695-1725mmで、エルグランドは全長4965-4975mm×全幅1850mm×全高1815mm。アルファードは全長4945-4950mm×全幅1850mm×全高1935-1950mmとなります。

 このなかでオデッセイがもっとも車高が低く、2番目に車高が低いエルグランドと100mm前後の差が存在。そして、エルグランドよりさらに100mm強ほど車高が高いのがアルファードという関係になります。

 車高が高い方が大型フロントグリルを装着しやすく、またデザインの迫力も比較的出しやすいといえるでしょう。

 オデッセイのフロントフェイスは、マイナーチェンジを受けて厚みのあるフードが特徴の大型フロントグリルと薄型ヘッドライトから構成されるデザインを採用。

 競合するほかの高級ミニバンに対して比較的背が低いこともあり、スポーティな印象が強いデザインです。水平基調なメッキパーツがフロントグリルやバンパーに配されており、ワイド感とスポーティさの演出に一役買っています。

 一方エルグランドは、力強さに磨きをかけたフロントグリルを採用。グリル中央は細かいメッキ調デザインが積み重ねられたような造形となり、キラキラ感のある顔つきとなっています。

 フロントグリルをぐるりと囲むかたちでVモーショングリルが配され、日産の最上級ミニバンであることをアピール。アーバンクロム系グレードではその名の通り、クロムメッキが施されているのが特徴です。

 なお、オデッセイ、エルグランドともに、マイナーチェンジで標準モデルの設定が廃止され、カスタム系グレードに一本化。オデッセイは「アブソルート」、エルグランドは「ハイウェイスター(アーバンクロム含む)」のグレード展開となります。

■2018年のマイナーチェンジで明暗分かれた? アルファードが選ばれる要因とは

 アルファードは、2018年のマイナーチェンジでヴェルファイアとあわせてフロントフェイスが大きく変わっています。

 現行アルファード(3代目)とヴェルファイア(2代目)が登場したのは2015年。「大空間高級サルーン」をキーワードとして開発された両車ですが、アルファードは「豪華・勇壮」を、ヴェルファイアは「大胆・不敵」をテーマにデザインされた外観で登場しました。

 このとき、アルファードの大型メッキグリルはレクサスのスピンドルグリルにも似た少しくびれのあるデザインで登場していました。

トヨタ「アルファード」トヨタ「アルファード」

 2018年、アルファードは初のマイナーチェンジを受けます。このとき、アルファードはヴェルファイアに対し差別化を図りながらも、太い直線基調のメッキパーツが目立つデザインに変更。

 ヘッドライトフロントグリルが連続した形状になったほか、くびれも無くなりより迫力あるデザインになっています。

 このデザイン変更が奏功したのか、2013年の現行型発売以来、毎年ヴェルファイアに年間販売台数で劣っていたアルファードは、2018年に逆転。

 2020年5月にトヨタは全車種全店併売化をおこないましたが、それでもアルファードが優勢な状況は続き、日本自動車販売協会連合会が発表する2020年4月から9月の販売台数では、アルファードの4万4311台に対し、ヴェルファイアは8048台と、約5.5倍もの差がついてしまっています。

 全車種全店併売化したトヨタの販売店スタッフに話を聞いたところ「押し出し感のあるフロントグリルが好まれ、(アルファードを)選ぶ人が多いです。ヴェルファイアに乗られていた人がアルファードへ乗り換えるケースも多くあります」と話します。

 前出の2020年4月から9月の登録車販売台数ランキングでは、アルファードは5位(4万4311台)、ヴェルファイアは36位(8048台)であるのに対し、オデッセイは45位(4075台)、エルグランドはトップ50圏外と、迫力あるフロントフェイスが好評ということもありアルファードの一人勝ちとなっています。

 10月、11月に相次いでマイナーチェンジしたエルグランドとオデッセイが、国産高級ミニバン市場にどのようなインパクトを与えるのか注目されます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング