スバル「インプレッサ STIスポーツ」は“ネコ足”だった!? 最上級グレードの魅力とは

くるまのニュース / 2021年3月7日 18時10分

スバル「インプレッサ」に最上級のスポーツグレード「STIスポーツ」が追加されました。専用デザインに加えて足回りにもこだわっているというのですが、一体どんなモデルなのでしょうか。

■インプレッサに最上級グレード「STIスポーツ」追加

 2020年10月に一部改良を実施したスバル「インプレッサ」。そこで追加されたのが、最上級グレードであると同時にスポーツグレードでもある「STIスポーツ」です。

 果たしてその特徴はどこにあるのでしょうか。実際に試乗して確認してみました。

 スバルはSTIスポーツに関して「各SUBARUラインナップの資質を最適なドライバビリティとしてSTIが調律を施し、走りはもとより、外装、内装、全てにこだわり抜いて創り上げた特別なモデル」と説明します。

「STI」とは、スバルのモータースポーツ活動の中心となるのに加えて、高性能モデルや市販スポーツパーツを開発する関連会社「スバルテクニカインターナショナル」のこと。

 STIスポーツは今回新たに追加されたインプレッサ以前から、「WRX S4」や「レヴォーグ」などにグレードのひとつとして設定されていて、実質的に各車の最上級グレードとなっています。

 走りの味付けに関しては、単に走行性能を高めるだけでなく、走りのポテンシャルを高めつつもコンフォート性とのバランスを最大に考えているのが特徴。

 一方パワートレインに特別な仕立てはおこなわれていません。手法は車種により異なりますが、エクステリアもさりげなく標準車と差別化しインテリアも上質化するなど、「大人のスポーツモデル」を目指したキャラクターといえるでしょう。

 今回追加された「インプレッサSTIスポーツ」は、5ドアボディの「インプレッサスポーツ」に設定されたグレードで、他のグレードには設定のない18インチタイヤに専用サスペンションを組み合わせて装着しているのが機能面の特徴です。

 外観は「セラミックホワイト」「WRブルー・パール」の2色の専用ボディカラーを含む全6色を設定。フロントグリルやドアミラー、シャークフィンアンテナ、ルーフスポイラー、そしてホイールをブラックでコーディネートしました。

 内装はインパネ周辺やシート表皮などにブラックラスト塗装の加飾とレッドの挿し色が入るほか、高触感革を使ったステアリングホイールなど機能性も向上しています。

 そんなインプレッサSTIスポーツにおいて、注目すべきポイントは駆動方式です。これまで各モデルに設定されたSTIスポーツはAWDの設定しかありませんでしたが、インプレッサ STIスポーツにはAWDモデルとFFモデルを設定。

 STIスポーツとして初めてとなるFFモデルが登場しました。

 もうひとつポイントとなることは、フロントにSHOWA製の「SFRD」という特殊なダンパーを採用していることです。

 STIスポーツの特徴は、走行性能にも乗り心地にも大きく作用するダンパーにとことんこだわること。

 これまでSTIスポーツは、WRX S4や先代レヴォーグはビルシュタインダンパー、新型レヴォーグはZF製の電子制御可変ダンパーを採用するなどそれぞれ大きなトピックを提供してくれていますが、インプレッサSTIスポーツもその流れを受け継いでいるといっていいでしょう。

 SHOWAは市販車用の高性能ダンパーを作ることでも知られるメーカーで、「SFRD」とは「Sensitive Frequency Response Damper」の略。
 
 路面から伝わる振動時応じて機械的に減衰力を調整する機構を採用することをメカニズムの特徴とし、「操縦安定性と乗り心地を高い次元で両立できるダンパー」と同社は説明します。

 操縦安定性と乗り心地の両立という狙いは同じで減衰力調整式のダンパーながら、新型レヴォーグSTIスポーツはスバルとしてはじめて電子制御可変ダンパーを使い、一方このインプレッサSTIスポーツでは電子制御ではない機械式としているのが興味深いところです。

■スポーツグレードなのに標準仕様よりむしろ快適な乗り心地

 そんなインプレッサSTIスポーツの走りですが、とてもしなやかに動く足回りに驚かされました。

 乗り心地を求めたダンパーを組み込んでいるとはいえ、いかにもスポーティ仕様らしい硬めの乗り味を想像していたらそうではないのです。

スバル「インプレッサSTIスポーツ」スバル「インプレッサSTIスポーツ」

 乗り心地面で体育会系を感じさせる尖った部分は一切なく、“ネコ足”と表現したくなるしなやかさでした。

 今回の試乗は雪道も含めたツーリングのため、駆動方式はAWDでタイヤはスタッドレスという仕様でしたが、路面を選ばない優しい乗り心地が印象的。

 もちろんスタッドレスタイヤ(試乗車はヨコハマの「iceGUARD6」を装着)は一般的に夏タイヤよりもゴムが柔らかく、乗り心地はマイルドになりがちです。

 しかしインプレッサSTIスポーツは、単にタイヤの柔らかさだけでなくダンパーの滑らかなストロークを実感できました。スポーツモデルを感じさせる不快さはまったくなく、むしろ通常のインプレッサよりも快適なほどです。

 雪道を走ってみると、そんなサスペンションは雪道とのマッチングもいいことに気が付きました。

 踏み固められた雪道は表面に凹凸が多く、振動吸収性に優れないサスペンションだと乗員に不快な振動が伝わりやすい状況といえます。

 しかしネコ足のインプレッサSTIスポーツは細かい振動もしっかり吸収するので、滑らかな乗り味を実現していました。

 今回はスタッドレスタイヤを履いていたので、舗装路でのハンドリング性能を試すことはできませんでしたが、夏タイヤでの性能も気になるところです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング