姿勢が第一印象を決める?美姿勢の要・腸腰筋のトレーニング

つやプラ / 2020年11月4日 19時30分

写真

皆さんは、自分の姿勢をきちんと確認したことはありますか? 鏡で髪型やメイク、ファッションをチェックする人は多いと思いますが、自分の姿勢をチェックすることはあまりないですよね。

しかし、せっかくメイクをバッチリして可愛い服を着ていても、遠くから見た時に姿勢が悪いと台無しになってしまいます。

フィットネス美トレーナーの筆者が、美姿勢を作るために股関節の付け根にある「腸腰筋」のトレーニングをご紹介します。

■美姿勢の要「腸腰筋」

美姿勢の要「腸腰筋」

「腸腰筋」は、私たちの上半身と下半身をつないでいる太ももの付け根あたりにある筋肉群で、私たちの生活において大きな役割を担っている大切な筋肉です。歩く時や階段をのぼる時など、股関節を屈曲させて足を持ち上げたり、美姿勢を保つために役立っています。

「体幹(コア)」は漢字の意味通り、「カラダの軸」になります。体幹=腸腰筋というほど、私たちの身体の軸を鍛えるうえでもとても重要です。

■腸腰筋のエクササイズ

この投稿をInstagramで見る

つやプラ – つやっときらめく美をプラス(@tsuyaplus)がシェアした投稿 – 2020年11月月3日午後4時54分PST

壁やイスなど、バランスを保つために触れることができる場所で行ってください。背筋を伸ばしてお腹に力を入れ、きれいな姿勢からスタートします

(1)壁やイスなど、バランスを保つために触れることができる場所で行ってください。背筋を伸ばしてお腹に力を入れ、きれいな姿勢からスタートします。

その場で息を吸って、息を吐きながら膝を胸に近づけます。勢いをつけないようにコントロールしながら、膝の上げ降ろしを10回繰り返しましょう

(2)その場で息を吸って、息を吐きながら膝を胸に近づけます。勢いをつけないようにコントロールしながら、膝の上げ降ろしを10回繰り返しましょう。

10回目は膝を胸に近づけたまま5秒止め、そっとおろしてください。ドスンとおろさずに、足が床に着くか着かないかくらいのイメージで行ってください。

片足が10回終わったら、反対側の足も同じように行います。これを、左右3セット行いましょう。

こちらの写真はNG例です。膝を持ち上げて胸に近づける時は、お腹に力を入れて背中が丸くならないように意識して行ってください。

こちらの写真はNG例です。膝を持ち上げて胸に近づける時は、お腹に力を入れて背中が丸くならないように意識して行ってください。

メイクは近くによらないと見えませんがあなたの姿勢は遠くからでもわかり、それが第一印象になる場合もあります。腸腰筋のトレーニングをして、美姿勢をキープしましょう。

(フィットネス美トレーナー MIKA)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング