1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

【ホンダ 新型シビック外観解説】脱ガンダム! シンプルなデザインにロー&ワイドなクーペスタイルへ生まれ変わった新型シビック

MōTA / 2021年9月26日 10時30分

ホンダ 新型シビック EX[5ドアハッチバック・FF・CVT/2021年9月3日発売] [Photo:佐藤 正巳]

2021年9月3日(金)より発売開始し、日本市場では5ドアハッチバックのみの展開となるホンダ 新型シビック。ここでは、いまいち不評だった先代のパキパキしたガンダム風なフォルムから大幅にデザイン変更された新型シビックの外観にクローズアップしてチェックしていく。

ホンダ 新型シビック EX[5ドアハッチバック・FF・6速MT/2021年9月3日発売] [Photo:佐藤 正巳]

11代目となる新型シビックが日本デビュー

ホンダ 新型シビック

ホンダ 初代シビック(1972年)の登場から50年弱、11代目となる新型シビックが日本でも正式に発表され、9月3日(金)より発売をスタートした。新型では水平基調のシンプルなデザインが特徴の5ドアハッチバックのみの設定。1.5リッターVTECターボエンジンを搭載し、価格は319万円(消費税込)から。今後TYPE Rやハイブリッドなどのモデル展開も予定されている。

新型シビックのボディサイズ

ホンダ 新型シビック

新型シビックのボディサイズは、全長4530mm×全幅1800mm×全高1415mm、ホイールベースは2735mm。先代型より30mm長く、5mm低いが、車幅は変わらず。ホイールベースは35mm延長されている。ホイールベースが長くなったことで、前後席間の距離も35mm長くなっている。

ロー&ワイドな骨格を際立たせた新型シビック

ホンダ 新型シビック

エクステリアは、広く運転しやすい室内空間を持ったキャビンを追求しながら、流れるような美しいプロポーションを実現。従来からのロー&ワイドな骨格をさらに際立たせ、高い安定感と動的性能の両方で、新型シビックならではのパッケージを作りあげている。

ホンダ 新型シビック

ボディサイドは、フロントフードからリアエンドまで水平基調を低く一気に繋げることで、低重心で伸びやかなクーペイメージをさらに強調し、力強くも軽快な走りを予感させるデザインに。

ホンダ 新型シビック

フロントマスクは、精悍でスポーティーな表情となるよう、LEDの薄型ヘッドライトと、ハニカムグリルを採用している。

ホンダ 新型シビック

リア周りのデザインでは、アーチ状のルーフラインが後席頭上にピークがあり、室内の広さを予感させる。一方で、テールゲート一体型のリップスポイラーとリヤコンビランプはともに低く配置されており、新型ではリヤのトレッドが10mm拡幅したこともあり、安定感のあるスタンスを表現している。

ホンダ 新型シビック

先代と同様に「C」字型のリヤコンビランプを採用。スタンスの良さを強調しロー&ワイドのスタイリングとしている。

ここまで新型シビックの外観を紹介してきたが、特に細部のデザインなどは、フォトギャラリーもぜひチェックしてみてほしい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング