1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

スズキ スペーシア人気急上昇の鍵はライバルにないSUVテイスト“スペーシア ギア”の成功にあった

MōTA / 2021年10月28日 17時0分

スズキ スペーシアギア

2018年に登場したスズキの軽スーパーハイトワゴン、2代目「スペーシア」シリーズが好調な売れ行きを示している。ライバルのダイハツ タントがフルモデルチェンジを実施した2019年以外、首位のホンダ N-BOXに次ぐ2位のポジションに収まったのだ。後発組であるスペーシアが、市場開拓のパイオニアであるタントに勝った理由とは。モータージャーナリストの鈴木 ケンイチがレポートする。

スズキ スペーシアギア

初代の頃はN-BOX、タントに続く3位のポジションだったスペーシア

スズキの「スペーシア」の販売が好調だ。スペーシアは背の高いボディに両側スライドドアを備えた、いわゆるスーパーハイトワゴンに類するモデルだ。

ライバルは、このジャンルの圧倒的王者であるホンダのN-BOX、ダイハツのタント、それに日産 ルークス/三菱 eKスペースとなる。販売のランク付けでいえば、王者がN-BOX、それに続くのがタント。そしてスペーシア。新参が日産/三菱という格好だ。

やや地味な存在だったスズキ 初代スペーシア[2013年~2018年]

2013年に登場した先代スペーシアは、販売面で、王者N-BOXはもとより、このジャンルの創設者であるタントにも及ばなかった。2016年のスペーシアの年間販売ランキング(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会調べ)は8位。一方、N-BOXはもちろんの1位、タントも2位であった。その後2017年12月に、2代目となる現行型スペーシアはフルモデルチェンジしている。

2018年登場の2代目スペーシアがクラス2位のタントを抜いた

2018年登場の2代目スペーシア(左:スペーシア/右:スペーシアカスタム)

しかし、現行モデルが登場した翌2018年にスペーシアは、年間ランキングで一気に2位にまでアップ。1位は不動のN-BOXであるが、4位のタントを抜く快挙であった。ただし、タントは翌2019年7月、4代目へフルモデルチェンジを行っている。つまり、2018年のタントはモデル末期であったのだ。

2018年12月、2代目スペーシアに3番目のラインナップとしてSUVテイストを加えた新モデル「スペーシア ギア」が投入された

そんな2018年の暮れ、12月にスペーシアは、SUVテイストの「スペーシア ギア」を追加する。これによりスペーシアは、「標準」「カスタム」に加え「ギア」という3つのデザインを持つことになった。

ライバルのダイハツは2019年に「タント」をフルモデルチェンジさせた。本モデルで4代目となる老舗ブランドである

ただ2019年7月にダイハツ タントがフルモデルチェンジしたこともあり、2019年の年間販売ランキングは、タントが2位、スペーシアが3位という結果に。ちなみに1位はやっぱりN-BOX。あっさりとスペーシアは、タントに抜かれてしまったのだ。

だが、ここでスズキ スペーシアが踏ん張った。翌、2020年の年間ランキングでスペーシアは2位を奪い返す。タントは3位。その勢いは続き、2021年も1~9月の販売ランキングでも2位スペーシア、3位タントという順位をキープしている。つまり、タントのフルモデルチェンジした2019年こそ負けたが、それ以外では、すべてスペーシアが販売数で上回っているのだ。

時代の空気を敏感に感じ取ったスズキの戦略勝ち! この差はしばらく埋まりそうにない

スズキ 2代目スペーシア,ダイハツ 4代目タント

スズキ 2代目スペーシア,ダイハツ 4代目タント

スペーシアがタントに勝てている理由はどこにあるのだろうか?

個人的に思うのは、クルマの出来という意味では、スペーシアとタントは甲乙つけがたい。走行性能や燃費性能、室内の広さ、使いやすさに関しては、ほとんど差がないのではないかと思う。ハッキリわかる違いと言えば、スペーシアにはSUVテイストのギアがあるくらいだろう。そこで、スズキにスペーシアにおけるギアの販売比率を問い合わせてみた。すると、スペーシアの販売の内訳は、標準車が4割強、カスタムが3割強、ギアが2割ほどだという。ギアは、それほど、たくさん売れているわけではないのだ。

そこで、もう一度、スペーシアとタントの販売の数字を見返してみた。すると、この2割のギアの存在は、重要であることに気づいた。どういうことかといえば、スペーシアとタントの販売数の差は、ほんのわずかなものであったのだ。

タントとスペーシアの販売台数差自体はごくわずかだが、商品力の違いは大きい

実数を言えば、2021年1~9月のスペーシアの販売が106045台に対して、タントは90669台だ。その差は約1万台。約10万台と約9万台であるから、その差は1割ほどしかない。2020年1~12月の販売数では、スペーシアが139851台に対して、タントは129680台。約14万台と13万台で差が約1万だ。こちらは1割未満の差だ。

つまり、昨年から現在まで順位は動いていないけれど、その差は、常に10%を切るほど、わずかなものであったのだ。

差が小さいことで、スペーシア ギアの存在が効く。スペーシアにおけるスペーシア ギアの販売比率は2割だが、その数は、スペーシアとタントの差よりも大きいのだ。標準とカスタムが同じだけ売れていれば、ギアの分だけスペーシアが有利となると言える。

また、現在のトレンドはSUVだ。ハイトワゴンにSUVテイストを盛り込んだのは、スペーシアが初となる。このアイデアも見事なもの。

現世代のスペーシアVSタントの戦いでスペーシアが有利に進んでいるのは、トレンドをキャッチしたワイドバリエーションを用意した、スズキの作戦勝ちと言えるだろう。

[筆者:鈴木 ケンイチ/撮影:和田 清志・茂呂 幸正・SUZUKI]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング