CLA/CLAシューティングブレークが生まれ変わった!

MotorFan / 2019年8月28日 17時10分

CLA/CLAシューティングブレークが生まれ変わった!

8月27日、メルセデス・ベンツ日本はフルモデルチェンジを受けた2代目に生まれ変わった新型「メルセデス・ベンツCLA」、「メルセデス・ベンツCLAシューティングブレーク」の予約受注を開始した。消費税込みの車両価格はCLAが472万円〜534万円、CLAシューティングブレークが482万円〜544万円。納車はCLAが10月頃、CLAシューティングブレークが12月頃を予定している。

150ps/320Nmの2.0ℓディーゼルターボと224ps/350Nmの2.0Lガソリンターボを設定

 新型CLAシリーズのスタイリングは、新型CLAや新型A/Bクラスと同様に、メルセデス・ベンツの新世代デザイン哲学「センシュアル・ピュリティ(官能的純粋)」に則ったもので、シンプルでありながら陰影による豊かな表情が与えられている。


 ロー&ワイドなスタンスや、スポーティなデザインは、ルックスだけでなく、空力性能も改善にも寄与しており、空気抵抗係数(Cd値)は0.23というクラストップレベルを実現している。


 ボディサイズは従来型から拡大したCLAは全長4688×全幅1830×全高1439〜1444mm、CLAシューティングブレークは全長4688×全幅1830×全高1442〜1447mm、ホイールベースは2729mmだ(数値はいずれも欧州参考値)。


 このサイズアップにより、キャビン空間も拡大。室内幅は前席で35mm、後席で44mmアップし、前席のヘッドルームは17mmのゆとりをプラス。快適な空間を実現している。

CLA200dシューティンブグレークの2.0ℓディーゼルエンジン

 エンジンはディーゼルとガソリン各1機種を設定。CLA200d/CLA200dシューティンブグレークには、150psと320Nmを発揮する「OM654q」2.0ℓ直列4気筒ディーゼルターボを、CLA250 4マチック/CLA250シューティングブレーク4マチックには224psと350Nmを引き出す「M260」2.0ℓ直列4気筒ガソリンターボを搭載。CLA200dには8速DCTを組み合わせて前輪を駆動、一方、CLA250 4マチックには7速DCTを組み合わせ、四輪を駆動する。


 そのほか、新型CLAシリーズにも、すでに日本で発売されている新型A/Bクラスと同様に、対話型インフォテイメントシステム「MBUX」や、Sクラスと同等の先進安全運転支援システム、先進的テレマティクスサービス「Mercrdes me connect」が採用された。

●メルセデス・ベンツCLAモデルラインナップ
・CLA 200d:472万円
・CLA 250 4マチック:534万円
・CLA 200dシューティングブレーク:482万円
・CLA 2504マチック・シューティングブレーク:544万円
※価格は消費税10%込み

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング