1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

Y’s 2021プレフォールコレクション最新作

NeoL / 2021年10月17日 13時0分

Y’s 2021プレフォールコレクション最新作





Y'sより2021プレフォールコレクションの中でも印象的な滲んだ水玉柄のフラノ生地のコートや、レーヨンウールの暖かみのあるセットアップ、リラックスしたシルエットのセーターが最新コレクションとして登場。



乾いた質感に、手仕事のあたたかみや、ゆらぎが差し込まれる。つくりこまれた雑な生地感。あいまいなニュアンスと、差し込まれる色彩が描く強いシルエット。ワークウェアのような堅忍さの中に編み込まれた、自由な創造。日常と共に歩む服。










カラーリングが目を引く、2021プレフォールコレクションのシグネチャー、ウールフラノに滲んだ水玉柄をプリントしたノーカラーショートコートとパンツ。プリント部分は、染色技法によりネイビーやカーキが交ざった曖昧な色合いが表現されている。

ジャケットは、サイドに長さがあるAラインのフォルム。パンツは大きなサイドポケットが印象的で、ウエストを締めハイウエストで履くと新鮮なシルエットを描き、ローウェストの着こなしは更に冬のムードを高める重心の低いバランスに。

ハリのあるフラノウールの質感が洗練されたスタイルをつくる。









ブラックのウールフラノに滲んだ水玉柄をプリントしたショールカラーのコート。プリント部分は、染色技法による曖昧な色合いが表現。

ガウンのようなショールコートは、リラックスした緩やかに描かれる曲線のシルエットが、ハリのあるウールフラノをタフさもある、上品な表情へ導く。








肩を落としたビッグカーディガン。断ち切りのニットが縫い合わされたようなインパクトのあるハンドステッチ。レイヤードされたような裾の表現が、冬ならではの印象を加え、リラックスした着こなしにスタイルをつくる。









肩が落ちたシルエットでストールを羽織るように気負わず着ることができるジャケット。元々色のある生地を後染め(オーバーダイ)することで生まれる、紡毛ならではの膨らみ感や、自然なムラがゆらぎのある風合い。

ジャケットは、フロントの布を巻いたような造形が、アウターとシャツ、あるいはストールの間のような曖昧な印象で、どんなスタイルにも応用が可能なユニークなシルエット。同じように布を遊ばせた同素材のボトムスと着るスタイルは、一般的なセットアップの着こなしに新鮮な視点を提供している。







バイカラーの構成が動きを加え、都会的な表現のニットウェア。ビッグシルエットをクロップしたような、オーバーなサイズ感や長い袖とボディのショート丈のアンバランスさ、違和感が生むユニークなフォルムが、クロップ丈のトップスをスタイルのある新鮮なシルエットに導いている。




発売日:10月15日金曜日
日本国内ストア及び公式オンラインブティック


最寄りのY'sストアへお問合せ:
https://www.yohjiyamamoto.co.jp/shopinfo/
お電話による商品のご注文を承り、お客様のお手元に代引発送でお届けできるストアもございます。詳細はお近くの店舗へお問い合わせ下さい。ストアスタッフがご案内させていただきます。


オンラインでのご購入:
https://theshopyohjiyamamoto.jp/shop/c/c30/

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/fashion/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング