どこでもリアルタイムで翻訳できるウェアラブル翻訳機 Timekettle WT2 Plus

NeoL / 2019年7月12日 19時52分

どこでもリアルタイムで翻訳できるウェアラブル翻訳機 Timekettle WT2 Plus



国際化が進む現代で問題となるのが、言葉の壁。その“壁”を無くすために、数多くの企業から翻訳機が登場しているが、中でもTimekettle WT2 Plusはリアルタイムで相手の声が翻訳できるイヤホン型ウェアラブル翻訳機として注目されている。


WT2 Plusはクリーンなホワイトカラーを採用し、本体重量はわずか10gと軽量。そして、コードを無くしたワイヤレス型なので、長時間装着しても耳に優しいだけでなく、両手を使う場面でも安心だ。付属の専用充電ケースを使うことで、持ち運びも簡単で、出張先や旅行先など場所を選ばず、どこでもコミュニケーションを行う事ができる。







WT2 Plusを使用する場合、スマートフォンに「WT2 Plus」アプリをインストールし、Bluetoothでイヤホンを接続。翻訳したい場合は、相手にもう片方のWT2 Plusを渡して装着する方法や、あなたのスマートフォンのスピーカーを使って、複数人との会話を行う方法があり、様々な場面でも気軽にコミュニケーションが楽しめる。


そして、翻訳精度を上げるために大事なのが聞き取りやすさ。たとえ周りが騒がしい環境でも、音声のノイズを軽減するインテリジェントアルゴリズムや、自動音声検出とピックアップ機能で、相手の声をハッキリ拾うことができ、最大95%の翻訳精度を実現した。これにより、様々な場所でもストレスが無くリアルタイムに翻訳される。


翻訳可能な言語は、日本語、英語、中国語、韓国語など36ヶ国の言語に対応。また、イギリス英語やカナダ英語など言語ごとのアクセントにも対応しているため、幅広く会話が楽しめる。WT2 PLUSのカラーリングはホワイト1色のみ。価格は25,815円(税抜き)。

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/culture/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング