「スナップチャット、お前もか」の創業ウラ話 - 瀧口範子 @シリコンバレーJournal

ニューズウィーク日本版 / 2013年11月30日 13時12分

 フェイスブックのあまり美しくない創業物語は有名だ。ハーバード大学の学生を結ぶソーシャルネットワークのしくみは、もともと同大学の上級生のウィンクルフォス兄弟によるアイデアだったが、プログラムを任されたマーク・ザッカーバーグが取ってしまったとか、創設時にCFOを務めていた共同創設者を追い出したといったような話だ。

 同様の創業話は、最近IPO(新規株公開)を果たしたツイッターにもある。3人の共同創業者や現在のCEOの間で、勢力争いや足の引っ張り合いがあったということが、最近明らかになっている。かねがね仲が悪いという噂はあったが、同社のCEOが何度も入れ替わったのはそういうことかと、みな納得したはずである。

 最近、フェイスブックやグーグルからの30~40億ドル規模の買収話を蹴ったことで話題になったスナップチャットでも同じようなことがあったようだ。スナップチャットは、写真やビデオでチャットができるサービスで、特徴はそれが数秒で消えてしまうという点。相手のスマホやサーバーに保存されないという「軽さ」が人気を呼んでいる。

 同社の二人の共同創業者は現在、いろいろなところでもてはやされているのだが、実は共同創業者はもうひとりいたというのだ。

 その三人目の創業者こそ、スナップチャットのアイデアを最初に考案した人物。彼、レジー・ブラウンがまだスタンフォード大学の学生だった頃、同じ寮にいた現CEOのエヴァン・スピーゲルにそのアイデアを説明し、一緒に開発に励んでいたが、サイトがスタートして間もなく、後に引き入れた現CTOのボビー・マーフィーとスピーゲルとが別会社を作るかたちでブラウンを追い出したというのだ。新会社の持ち株は、当初は折半、3人になってからは3分の1ずつに分割するという約束までしていたという。

 その三人目の共同創業者ブラウンが今春、スナップチャットに対して訴訟を起こし、最近になって3人の供述の様子を録画したビデオがリークされた。ビデオでは強力な証拠を突きつけられたCEOとCTOが精神的窮状に立たされている様子が見える。

 決定的な証拠になっているのは、現CEOのスピーゲルが知り合いのブロガーらに送ったメールだ。メールは、サービスのスタートを知らせるもの。

 最初は、「二人の友達と一緒にアプリを作ったんだけどさ、すごく気に入ると思うなあ」という文面だったが、1カ月後のメールでは「もうひとりの友達と一緒にアプリを作ったんだけどさ、すごく気に入ると思うなあ」に変わっている。その1カ月の間にブラウンが追い出されているのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニューズウィーク日本版

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング