我が心のリオ、腹ぺこのマラカナン - 森田浩之 ブラジルW杯「退屈」日記

ニューズウィーク日本版 / 2014年6月17日 17時19分

 こまかい雨が降るなかで日本がコートジボワールに逆転負けしたのを見届けて、宿に着いたのが午前1時半。少しだけ仮眠をとった後、飛行機をつかまえてリオデジャネイロにやって来た。

 この日はマラカナン・スタジアムで、アルゼンチン─ボスニア・ヘルツェゴビナの試合を見る。このブログの最初に書いたけれど、ブラジルに来ようと本気で決めたのは開幕の1カ月前くらいになってからだった。だから昔から憧れだったリオデジャネイロにいることが信じられなかったし、これから自分がマラカナンに行こうとしていることはさらに信じられなかった。いかにマラカナンでも、ブラジルでワールドカップが開かれなかったら僕は来ていなかっただろう。

 簡単におさらいしておくと、マラカナン・スタジアムはブラジルサッカーの聖地というか総本山というか、とにかく大変な場所である。1950年代には実に約20万人を収容したという。しかしその後スタンドの落下事故などが起こり、改修に着手。現在の収容人員は約8万人で、全席椅子席の近代的なスタジアムに生まれ変わった。

 リオデジャネイロでマラカナンがどれだけ大きな存在かは、地下鉄の駅に行けばわかる。どの駅にもホームはもちろん、駅のあちこちに「マラカナン行きはこちら」という意味のサインが出ている。都市の中でひとつの施設や場所がこんなにも存在感をもっている例は、世界を見渡してもそれほどないんじゃないだろうか。





 リオに着いて宿に直行して荷物を置いたら、もう午後4時を回っていた。マラカナンでの試合は午後7時から。レシフェでの日本戦でもそうだったが、スタジアムに行っても手荷物検査やボディーチェックがあって、中に入るまでに相当に時間がかかる。レシフェではその順番を待つ時間が1時間半近くに及び、観客から大ブーイングが起きた。ちょっとあわててマラカナンへ向かう。到着したのは午後5時半ごろだ。

 ここで僕は前日に続いて、猛烈な空腹をおぼえる。今日も朝食の後、まともなものを食べていない。口にしたものといえば、レシフェからリオへの飛行機の中で出されたチーズをはさんだパンだけだ。スタジアムの売店で何か買おう。たしかハンバーガーくらいはあったはずだ。

 売店には長い列ができている。しかも前の人との間に無駄なスペースをつくるから、列が必要以上に長くなっていて、時間がものすごくかかるように見えてしまう。外国でこういうときにいつも思うのだが、日本人はきちんと列をつくることが体に染み込んでいるのだろう。「順番待ち整列ワールドカップ」があったら、つねに優勝候補にあげられることはまちがいない(2番手はイギリス人じゃないかと思う)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング