『ハウス・オブ・カード』が変えるドラマの法則

ニューズウィーク日本版 / 2014年8月8日 12時8分

 主人公がピンチに陥ったところで「続きは来週」──そんなテレビドラマのパターンはもう古い。最近は、1シーズン全話または複数のエピソードをいっぺんに視聴する、いわゆる「イッキ見」が人気だ。

 イッキ見ブームを後押ししているのが、過去のさまざまなドラマを全シーズンそろえる世界最大のストリーミング型動画配信業者ネットフリックスだ。

 何しろネット配信だから、クリック1つで見たいドラマの見たいエピソードをいつでも楽しめる。そんな新しい視聴方法を広める起爆剤として、同社が13年に打ち出したのが独自制作のドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』だ(日本ではシーズン1のDVD・ブルーレイがソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより発売中)。

 90年代にイギリスでヒットした政治ドラマ『野望の階段』のリメーク版で、脚本はボー・ウィリモン(『スーパー・チューズデー〜正義を売った日〜』)、制作総指揮に映画監督のデービッド・フィンチャー(『ドラゴン・タトゥーの女』)、主役にケビン・スペイシー(『アメリカン・ビューティー』)という豪華な顔触れ。さらにネットフリックスは、このシーズン1(全13話)を一挙に配信して話題を呼んだ。

 物語の舞台はワシントン。主人公のフランク・アンダーウッド(スペイシー)は、サウスカロライナ州選出の下院院内総務だが、国務長官に任命するという約束を大統領にほごにされてしまう。

 復讐に燃えるアンダーウッドは、若い女性記者ゾーイ・バーンズ(ケイト・マーラ)と協力関係を築く。機密情報へのアクセスを彼女に与える代わりに、邪魔な人間の醜聞をリークする。「2人はとても親密な関係になる。精神的にだけではなくね」と、マーラは言う。

アンダーウッドとバーンズの関係はありきたりのものではなく、力関係もしょっちゅう逆転する。「職場とか政界だけの話ではない。家庭や寝室、恋人同士、友人同士の政治の話でもある」と、マーラは言う。



人間の非合理的な部分を利用して操る

 冷酷な策士のアンダーウッドは、誰も信用していない。なかでも用心しなくてはいけないのは、自分に一番近い人間だ。テレビの仕事が初めてのフィンチャーは、そんな主人公に興味をそそられた。「主人公が議会の廊下を歩きながら視聴者に向かって語り掛け、政治の世界で日常的に行われているありふれた不正から、高度なペテンまでを解説する設定がとても面白いと思った」と、フィンチャーは語る。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング