韓国で日本のハイブリッド車がシェアを拡大させている理由とは

ニューズウィーク日本版 / 2019年5月27日 17時0分

<文在寅政権は大気汚染対策のために電気自動車の普及推進をはかる方針を掲げたが、日本のハイブリッド車がシェアを伸ばす結果となっている......>

韓国の輸入自動車市場で日本車のシェアが拡大している。2019年1月から4月の輸入自動車全体の販売数が前年同期と比べてマイナス24.6%と落ち込むなか、日本車は6.3%増加し、9年ぶりにシェアが20%を超えた。

ドイツ車が失速し、日本のハイブリッド車がシェア拡大

韓国で人気が高いドイツ車は、BMWは前年の火災事故による余波が続くなどで失速。加えて、国内外の各メーカーは、韓国政府が普及促進を掲げる電気自動車の販売を推し進めるが、充電に不安を持つ消費者は少なくない。信頼性の高い日本のハイブリッド車がシェア拡大を牽引している。

韓国輸入自動車協会の2019年1月から4月期の集計によると、日本車5ブランドの販売台数は1万5121台で、輸入車全体でのシェアは21.5%となっている。レクサスは、ES300hの3550台を筆頭に、3月に販売を開始したSUVモデルUX250hが目標を大きく上回るなど、ハイブリッド車が好調でシェアは4.6%から8%に伸びた。ホンダも前年同時期1774台の2倍を超える3673台を販売し、1.9%だったシェアが5.22%まで拡大している。

韓国環境部は大気汚染対策で電気自動車の普及推進をはかる

2017年にディーゼル車対策を公約に掲げた文在寅政権が誕生すると、ハイブリッド車のニーズが高まったが、大気汚染は収束するどころか、さらに拡大を続けて韓国環境部は電気自動車の普及推進をはかる方針を掲げた。2017年に2万5593台だった電気自動車の普及台数を2022年までに43万台に増やそうという計画である。

政府は購入時に最大900万ウォンを支援し、自治体も車種や普及目標に応じて450万ウォンから最大1100万を支援する。最大530万ウォンの税金減免も導入され、内外の自動車メーカーが電気自動車の販売促進に乗り出した。

100キロメートル前後だった1回の充電で走行できる距離が、ソウルと釜山の片道距離380キロメートルに近づくにつれて、電気自動車を購入する人が増え始めた。ソウルから釜山まで途中充電なしで走行可能という謳い文句は、韓国人にとってわかりやすい指標なのである。

2018年には3万2000台が売れて普及台数は倍増し、輸入自動車各社も電気自動車を相次いで投入しはじめる。
日産は補助金を考慮すると2000万ウォン台(200万円台)で購入できる第2世代「リーフ」の販売を開始し、ジャガーは「Iペース」を投入する。BMWも走行距離を248キロメートルに伸ばした「i3・120Ah」の販売を開始し、メルセデスベンツは純電気自動車「EQC」を販売する計画だ。世界の電気自動車市場でトップを走る米テスラは「モデルS」「モデルX」に続いて、普及型の「モデル3」の販売を検討する。

充電整備の立ち遅れでハイブリッドが人気に

政府や自動車メーカー各社が電気自動車の普及に取り組む一方、環境部の調査で55.8%の消費者が充電に懸念をもっている。充電スタンド検索サイトのイーブイウェア(EVwhere)に掲載されている2019年5月時点の充電スタンドは約9000箇所、充電器は1万5000基余りで、政府は今年中にさらに2200基以上が新たに設置される予定というが、地域格差が大きく、充電スタンドが電気自動車の普及速度に追いついていないのだ。



さらに電気自動車が1回の充電で走行できる距離は常温が基準である。韓国は首都圏など冬の気温が氷点下になる地域が多く、冬季の走行可能距離は大幅に短くなる。また、充電スタンドの97%が、屋根がなく風雨に晒されている。故障リスクに加えて、自然災害発生時には感電などの懸念もある。

電気自動車市場が拡大している主な要因は、環境問題に反応する消費者が増えたことだが、一方、充電に不安を持つ消費者はハイブリッド車を選択する。ハイブリッド技術は日本車が最高水準という認識が定着しており、日本車の需要はまだまだ増えると業界関係者は予測する。

EUを筆頭に世界の潮流は電気自動車で、輸出企業の現代自動車や起亜自動車に加えて、SKなども電気自動車用バッテリーの開発を強化するなか、お膝元の韓国で、インフラ整備の立ち遅れが普及にブレーキをかけ、ハイブリッド技術で先行する日本車の拡大につながっている。


佐々木和義

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング