韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

ニューズウィーク日本版 / 2019年9月12日 17時30分

<韓国は1人あたりのインスタントラーメン年間消費量が世界一だが、日本との関わりは深かったようだ......>

韓国のインスタント麺メーカーが20代女性に注目している。世界ラーメン協会(WINA)による1人あたりのインスタントラーメン年間消費量は韓国が74.6食で最も多く、2位ベトナムの53.9食を大きく引き離す。

インスタントラーメン大国の韓国で、毎年、多くの新製品が登場しては消えていくなか、生き残る製品は20代女性の購入率が高い共通点があり、各メーカーは20代から30代の女性をターゲットに商品開発を行っている。韓国の男性は同じ製品を繰り返して購入する傾向がある一方、20代女性は新製品に挑戦し、SNSで拡散する。

20代女性は、スープがなく、辛い麺を好む

コンビニ大手のGS25で三養の「プルダク焼きそば」がカップ麺販売量1位になり、PBブランドユーアスの「オモリキムチチゲラーメン」が2位に浮上した。韓国のコンビニエンスストアで20代女性が占める売上は16%程度だが、「プルダク焼きそば」は36%、「オモリキムチチゲラーメン」も29%を20代女性が購入する。ほかに三養の「カルボプルダク焼きそば」(36%)、八道「トゥムセラーメン」(26%)、「ホンラーメン辛チーズ麺」(38%)など20代女性の購入比率が高い製品がランキング上位を占めている。

20代女性が好む製品は2つの特徴がある。スープがなく、辛い麺だ。ダイエットに敏感な女性はスープが多いほど塩分が多いと考え、焼きそば形式を選択する。また辛い食べ物を食べてストレスを発散するなどより辛いものを求めるのだ。

「火鶏」を意味するプルダクシリーズで最も辛い「ヘクプルダク焼きそば」は、辛さの基準であるスコビル指数(SHU)が10000SHUで、八道(パルド)のトゥムセラーメンも9413SHUと、2700SHU相当の辛ラーメンをはるかに凌ぐ辛さである。

日本の「明星食品」が技術を無償で供与した

韓国の生ラーメンは日本式が主流だ。中国風麺料理を提供する中華料理店はあるが、ラーメン専門店は多くが日本式で、スーパーなどで販売する生ラーメンも日本式を謳っている。

韓国でラーメン(韓国語はラミョン)といえばインスタントラーメンを指す。スーパーやコンビニなど100種類を超えるインスタントラーメンを販売し、飲食店でも即席麺が供される。人気料理プディチゲのトッピングもサリミョンと呼ばれる即席麺だ。

最も人気があるのは農心の「辛ラーメン」で、「三養ラーメン」とシェアを2分する。軽食店でラーメンを注文すると、辛ラーメンに具材を加えた料理が供される。辛い料理を注文するとき「辛ラーメン」と同等など、辛さの基準になるほど定着している製品だ。



辛ラーメンを製造する「農心」は、創業者の辛春浩氏がロッテ重光武雄会長の実弟で、日本の市場動向を追った製品を数多く手掛ける食品メーカーである。

三養ラーメンは1963年に発売された韓国第1号のインスタントラーメンだ。朝鮮戦争後の食糧難が続いていた頃、創業者の全仲潤氏がコメの代わりに手軽に食べられる食品として発案。国民の窮乏を救いたいという同氏の願いに「明星食品」の当時の奥井清澄社長が共鳴し、技術を無償で供与した。当初は日本と同じレシピだったが、韓国人の嗜好に合わせて手を加えられている。

三養食品は「プルダク焼きそば」シリーズが国内外で2825億ウォン(約266億円)を売上げ、初の海外拠点として日本に現地法人を設立した。2018年の総輸出額2000億ウォンに対して日本は36億ウォンにとどまっている。

長らくシェアを2分してきた「辛ラーメン」と「三養ラーメン」だが、「八道」が3位に浮上した。韓国ヤクルトのラーメンブランドで、2011年に発売した白いスープでありながら赤いスープと同じ辛さの「コッコ麺」がブームになり、一気にシェアを拡大した。ビビン麺などを日本に「逆輸出」するほか、ロシアでの販売を伸ばしている。

ノンフライ麺市場も増加する?

インスタントラーメン大国の韓国だが、2013年に2兆ウォンに達したあと停滞が続き、各社は打開策を求めて日本市場の動向を注視する。

まず仕掛けたのは農心で、辛ラーメンブランドにカロリーを抑えたノンフライ麺を投入した。ノンフライ麺は従来の即席麺と比べて味も食感も劣ると考える消費者が多く。これまで敬遠されてきたが、健康を重視する層への訴求を期待する。

日本では2011年の即席麺市場で5%に過ぎなかったノンフライ麺が、2014年には25%に拡大しており、韓国も似たパターンで推移すると見ているのだ。

2015年に629億ウォンだったノンフライ麺市場が2018年には1178億ウォンまで広がっており、2019年は1400億ウォンに成長すると業界は期待している。



「プルダク焼きそば」シリーズを7種全部食べてみた

Spicy Korean instant noodles are gaining popularity in the US market-ARIRANG NEWS


佐々木和義

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング