ドーピング隠蔽疑惑でロシアの東京五輪参加が危うい

ニューズウィーク日本版 / 2019年10月3日 11時10分

<スポーツ界に疑惑の絶えないロシア、平昌に続いて東京オリンピックでもその国旗を目にすることはないかもしれない>

国家ぐるみのドーピング違反が発覚し、2018年の平昌冬季オリンピックへの国としての出場資格を剝奪されたロシア。その後、処分は解除されたが、ここにきて新たな不正と隠蔽疑惑が浮上している。

世界アンチ・ドーピング機構は9月23日、モスクワの検査所から提出された薬物検査のデータと検体に「矛盾」があると発表。陽性反応が出たにもかかわらず提出資料から削除された数多くのケースについて説明するようロシア側に要求した。

3週間以内に十分な回答を得られなければ、2020年の東京オリンピックを含む主要な国際大会へのロシア代表チームの出場が禁じられ、ロシア人選手は「個人資格」で参加するしかなくなる恐れもある。

ロシアのコロプコフ・スポーツ相は調査に協力する姿勢を表明したが、組織的な隠蔽疑惑はこれだけではない。今年6月には、男子走り高跳びの有力選手のドーピング検査に関する文書が偽造され、ロシア陸連が共謀したとして調査が続いている。ロシア国旗がまた見られない?

<本誌2019年10月8日号掲載>

【関連記事】東京五輪の前に、ロンドン五輪の結果が待ち遠しい
【関連記事】ロシアのドーピング疑惑を暴く、ネットフリックス配信ドキュメンタリー


※10月8日号(10月1日発売)は、「消費増税からマネーを守る 経済超入門」特集。消費税率アップで経済は悪化する? 年金減額で未来の暮らしはどうなる? 賃貸、分譲、戸建て......住宅に正解はある? 投資はそもそも万人がすべきもの? キャッシュレスはどう利用するのが正しい? 増税の今だからこそ知っておきたい経済知識を得られる特集です。





ロシアの国家ぐるみのドーピング疑惑に迫ったネットフリックス配信ドキュメンタリー『イカロス』

アイラ・スリスコ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング