1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

また撃破!ウクライナにとってロシア黒海艦隊が最重要の敵である理由

ニューズウィーク日本版 / 2023年11月8日 17時54分

黒海艦隊の新鋭艦「アスコルド」が爆発したとみられる瞬間 Daily Mail/YouTube

<海軍力で圧倒的に劣るウクライナ軍が、ロシア軍の誇る黒海艦隊にまた大きなダメージを与えることに成功した。だが黒海に面した食料積み出し港をロシアに封鎖されているウクライナにとって、黒海艦隊は依然として大きな問題だ>

<動画>黒海艦隊、ゲリラ攻撃に手も足も出ず

 

消耗戦と化したウクライナとの戦争において、ロシアの黒海艦隊は、たいした通常海軍力ももたない敵からの執拗な攻撃にさらされている。

ロシアによる本格的なウクライナ侵攻は、数の上で優位に立つ侵略側が繰り返し挫折を味わう物語となっている。世界最高水準とうたわれる恐るべき国産軍事技術で武装した侵略者が、小柄で機敏な敵を制圧できずにいるからだ。

まさにそれがあてはまるのが、クリミア半島に接する黒海だ。ロシアにとってこの戦争の重要な舞台であり、ウクライナによる手痛い打撃を受け続けている場所でもある。

ロシアが占領したクリミアの都市ケルチにあるザリブ造船所は11月4日、黒海艦隊にとって新たな屈辱の舞台となった。ロシア国防省によると、ウクライナはこの造船所に15発の巡航ミサイルを撃ち込み、うち13発は迎撃したが、残りの2発は船舶1隻に損傷を与えたという。国防省はどの船舶が、どの程度の被害を受けたかを明らかにしていない。

その点、ウクライナ空軍のミコラ・オレシュチュク司令官は率直だった。ウクライナのミサイルが「ロシア海軍の最も近代的な艦船のひとつ」に命中したとテレグラムに書き込んだ。損傷した艦船は、過去18カ月に渡ってウクライナの都市を恐怖に陥れてきたロシアの長距離巡航ミサイル「カリブル」を搭載可能な軍艦だったという。

最新鋭の軍艦が損傷?

オレシュチュクは、具体的にどの船が攻撃されたのかは明かさなかったが、ウクライナの戦略広報局は6日、標的となったのは、新型のカラクルト級コルベット艦「アスコルド」だったと報告した。同局はソーシャルメディアへの投稿で、この艦は「大きな被害を受け、修理は不可能かもしれない」としている。

アスコルドは、最大8発のカリブル巡航ミサイルを搭載可能な小型ミサイル母艦で、射程は2400キロを越える。黒海で試運転中であり、今年後半に黒海艦隊に加わる予定だったと報じられている。

元ウクライナ海軍大尉で、現在は防衛・ロジスティクス・コンサルタント会社ソナタの戦略コンサルタントを務めるアンドリー・リジェンコは、早々とアスコルドが標的となった船であると指摘した一人だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください