1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

2期目のトランプはアメリカの民主主義を破壊するのか......広まる憶測と恐怖

ニューズウィーク日本版 / 2023年12月6日 14時30分

大統領選でトランプ有利のデータが続々と出てきている Carlos Barria-REUTERS

<トランプ対バイデンの構図でのバイデン劣勢が報じられるなか、トランプ2期目の「絶望の未来」が語られ始めた>

米大統領選は、現時点では共和党はトランプ前大統領が独走状態で、また民主党では現職のバイデン以外に有力な候補は名乗りを上げていません。ですが、2024年の大統領選の投票まで、まだ11カ月あります。ということは、この間に民主党も共和党も大統領候補の世代交代が進む可能性はゼロではありません。

例えば、11月30日(木)には両党の州知事対決ということで、民主党のニューサム知事(カリフォルニア州)と共和党のデサンティス知事(フロリダ州)がFOXニュースに出演してテレビ討論を行いました。ニューサム知事は、あくまで2024年はバイデンを支援するとしていましたが、こうしたイベントが話題になるということ自体が、一刻も早い世代交代を待望する世論の声を代弁しているとも言えます。

その一方で、数字だけを見れば2024年11月の選挙は「トランプ対バイデン」の対決となる可能性が高いのは否定できません。そして、この両者の対決となった場合には、ここへ来てトランプ有利というデータが続々と出てきています。激しいインフレで高騰した物価への不満に加え、イスラエルがガザ地区で人道危機を引き起こすたびに、若者の票はイスラエルを支持しつつ苦悩を見せるだけのバイデンから離れていくようです。

そんななかで、アメリカでは12月に入るとともに、「2期目のトランプ政権はこうなる」という見通しを整理した記事が多くのメディアで見られるようになりました。その多くは、まるで「未来への絶望」のようなトーンとなっています。

政府職員の総入れ替え

基本的にこうした記事の多くは、これまでトランプ自身が「ラリー形式の政治集会」で繰り返し口にしてきた内容をベースにしたものです。また一期目の政権当時には、選挙戦で口にした「公約」を相当な程度に実行しようとしたのは事実です。ですから、どんなに荒唐無稽な内容であっても、ある種の信憑性があるという受け止めがされています。

まず人事については、長女のイヴァンカ氏と夫のジャレッド・クシュナー氏は2期目の政権には参画しない見通しとされています。また1期目の副大統領であったマイク・ペンス氏はもはや政敵であり、これも政権入りはないということです。反対に、1期目の末期に首席補佐官を努めたマーク・メドウ氏など「2020年の選挙結果を認めなかった」という「忠義の臣」で政権を固める見通しだと言われています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください